家事効率をアップさせる方法

朝家事は9時までに完了!家事効率がアップする朝習慣「モーニングルーティン」のすすめ

モーニングルーティンを決めたら家事の時間が1時間時短になった

朝は,ただでさえやることが多いのに,容赦なく「ママこぼした!」「ママできない!」と子どもたちに呼ばれます。

ミカ
ミカ
自分でできることは自分でやってよぉ

子供にイライラしてしまう自分が嫌だったので,意を決して家事のやり方を見直し,やることや流れを習慣にする,いわゆるモーニングルーティンってやつを決めました。

その結果,今までより1時間以上家事が早く終わるようになり,スムーズに出かけられるようになりました。子どもとの時間もたくさんとれるようになりました。

毎日行き当たりばったりで家事をしていたせいで,無駄に時間がかかっていたんですねぇ。

この記事では,モーニングルーティンを決めることで得られるメリットと,専業主婦である私が決めた実際の朝のタイムスケジュールを紹介します。


朝習慣「モーニングルーティン」を決めるメリット

モーニングルーティンを決めると,迷う時間が減り,選択疲れをおこしにくくなります。

例えば朝ごはんのメニューを考えるとき,人はこんなにたくさん迷っています。

  • パンにしようかご飯にしようか
  • 卵焼きの味付けは甘いのかしょっぱいのか
  • みそ汁の具は何にしようか
  • ウインナーは茹でるのか焼くのか

 

何かを選択するために迷うのは,頭を使うので疲れるんです。毎日お母さんたちが「ご飯何にしよう~」と考えるだけでも疲れてしまうのは頭を使っているからです。

頭が疲れたら休憩したくなりますよね。「ちょっと休憩…」とスマホを手にとり気づけば30分も過ぎていた…という人は,おそらく家事をして疲れたのではなく,選択することに脳が疲れたんだと思います。

休みたくなるのは当然のこと。だから時間があっという間に過ぎていってしまうというわけです。

朝習慣を決めるメリットは,選択疲れを起こしにくくして,「いつのまにか時間が経っていた…」という状態にならないようにしてくれることです。

モーニングルーティンはこんな人におすすめ!

  • 毎日あわただしくて出かけるのはいつも時間ギリギリ
  • 朝はまったく余裕がない
  • 子どもに「早く」とばかり言ってしまう
  • もっと朝家事をスムーズにこなしたい
  • イライラするのが嫌
今日は,今から洗濯して,化粧して,洗い物して…あ,お風呂掃除もやらなきゃな…うーん今日何着ていこう…あ,今日の天気なんだろう寒いならやっぱりこっち着てこうかな~

こんな昔の私のような人には特におすすめです。

子持ち専業主婦のモーニングルーティン【平日】

我が家は【会社員の夫・幼稚園年長のむすこ・3歳のむすめ・専業主婦の私】の4人家族です。

9時には3歳のむすめを連れて外出できるように設定したモーニングルーティンがこちらです。

平日の場合
  1. 歯磨き・洗顔・スキンケア【5:45】
  2. 洗面所の掃除(ハンドソープをつけた手で洗いふき取る。タオルはそのまま洗濯機へ)
  3. 洗濯機のスイッチを入れる
  4. お湯を沸かし白湯を飲む【6:00】
  5. 子どもを起こす
  6. 朝ごはんとコーヒーの準備
  7. 子どもと自分の着替え
  8. 朝ごはんを食べる【6:30】
  9. 夫見送り【7:00】
  10. 食洗機に食器を入れる
  11. 布団の片付け
  12. むすこの幼稚園バス見送り・ゴミ出し【7:30】
  13. トイレ掃除
  14. お風呂掃除
  15. 洗濯を干す【8:00】
  16. 部屋の掃除をす
  17. メイクをする
  18. 出かける【9:00】

この合間に,下の娘のお弁当作り,遊び相手やトイレの補助が入ります。子どもの機嫌によって多少前後したり時間がかかることもありますが,だいたい9時には外出できる状態になります。

起きてからやることを習慣化したら,寝起きでボーっとしていても体が自然と動くようになりました。

また,朝ご飯は4人揃って食べることを目標にしていて,献立に悩むこともありません⇒【朝ごはんの準備は15分】みんな揃ってご飯を食べるための時短ワザ

そして,このルーティンはもっと効率化することができます。

家具や家電に頼り,さらに効率化するとこうなる

家事効率をさらにアップさせるには,家電や家具に頼るというやり方がおすすめです。

  • 洗濯は乾燥機付きの洗濯機にして干す手間をカット
  • 部屋の掃除はお掃除ロボットで床掃除の時間をカット
  • 布団→ベッドにして寝具は直すだけにする

家電や家具に頼り,効率化したバージョンがこちらです。

効率化バージョン
  1. 歯磨き・洗顔・スキンケア【5:45】
  2. 洗面所の掃除
  3. 洗濯機のスイッチを入れる
  4. お湯を沸かし白湯を飲む【6:00】
  5. 子どもを起こす
  6. 朝ごはんとコーヒーの準備
  7. 子どもと自分の着替え
  8. 朝ごはんを食べる【6:30】
  9. 夫見送り【7:00】
  10. 食洗機に食器を入れる
  11. 布団の片付け(布団を直すだけに)
  12. むすこの幼稚園バス見送り・ゴミ出し【7:30】
  13. トイレ掃除
  14. お風呂掃除
  15. 洗濯を干す(干さなくてすむ)
  16. 部屋の掃除をす(床はお掃除ロボットにお任せ)
  17. メイクをする
  18. 出かける

家電や家具に頼ることで,3つも家事がカットできるのでもっと朝の時間に余裕ができるはずです。⇒家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!

自分の負担がどうすれば軽くなるのか考えてみるのが大切です。

時短家電を買うために貯金をがんばるというのもいいかもしれません。無駄な支出を減らしてお金を貯めたい人は,こちらのカテゴリー「お金をうまく管理して支出を減らす方法【記事一覧ページ】もあわせてご覧ください。

 

\お掃除ロボットはレンタルでお試しもできるよ/


まとめ|モーニングルーティンで時間と心に余裕を作ろう

時間と心に余裕を作りたいならぜひあなたもモーニングルーティンを決めてみてくださいね!

また,YouTuberのモーニングルーティンはオシャレで素敵にみえますよね。あなたも,習慣化と家電で家事効率をアップさせれば,心に余裕ができて朝の過ごし方が変わると思いますよ。

 

■家事をラクにして時間を生み出す方法⇒家事をパパっと終わらせる方法【記事一覧ページ】

■習慣を身につける方法⇒「ぼくたちは習慣でできている」を読んで学んだ,習慣を身につける方法をまとめました。【レビュー】

■当ブログ「ミドリノ」では,育児中のママの心に余裕を作るためにミニマムな暮らしをおすすめしています。様々なノウハウや自分なりの工夫を紹介しているのでよければ他の記事もご覧ください^^

読みたい記事を探すための案内ページ【カテゴリ一】

ABOUT ME
ミカ
6歳と3歳を育児中の専業主婦。モノを減らして家事を効率化しまくったら,お金・時間・こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに「家を整えて自分の時間を作ること」をおすすめしたい。そのためにできることを提案しているブログです。
まずは「買い物時間」から家事の負担を減らしていこう

育児中大変な家事のひとつが「買い物」ですが,できるだけ自宅で済ませることができれば,ママの負担は激減します^^

6年で4つの宅配サービスを利用してきた私が現在使っているのが「パルシステム」です。食材の安全性・味・使い勝手・値段を総合して一番好きだと思いました^^

↓詳しく知りたい人はこの記事を読んでみてくださいね【特典あり】↓
パルシステム「タベソダ」を使った感想