ラク家事・掃除

朝のルーティンを決めて家事効率アップ!我が家の実例をご紹介!

朝のルーティン

主婦にとって普段の家事はなんだかんだ時間がかかるし大変です。特に朝は忙しい。

 

複数の作業を同時に,もしくは並行して切り替えながら実行することを「マルチタスク」といいますが,主婦の朝家事はまさにこれです。

ミカ
ミカ
朝ごはんづくり・子どものお世話・洗濯・掃除・自分のメイク…やることはたくさん!

 

複数のことを同時にできる人ってすごいですよね。そんなスーパー主婦にいつかなりたい!

と思ったこともありましたが,実際はそう簡単になれるものではありませんでした。朝は毎日あわただしく出かけるのはいつも時間ギリギリ。

 

私のそんな日々を変えてくれたのがルーティン(習慣的な決まり事)です。

やるべきことの順番を決めて,毎朝その通りにこなすだけで,朝の家事がうまく回せるようになり心にも時間にも余裕ができました。

 

実際の私の朝のルーティン例をご紹介しますので,朝の家事をもっとうまく回せるようになりたい!時間に余裕がほしい!という人は,参考に読んでみてください。


子どもがいる専業主婦の朝のルーティン

家族構成は2018年10月現在【会社員の夫・幼稚園のむすこ・1歳のむすめ・専業主婦の私】の4人です。

<参考>ミドリノ運営者のプロフィール

 

平日朝のルーティン
  1. おきたら歯磨き・洗顔・スキンケア
  2. 洗面所の掃除(手で洗いふき取る。タオルはそのまま洗濯機へ)
  3. 洗濯機のスイッチを入れる
  4. コーヒーを入れる
  5. 朝ごはんの準備
  6. 子どもと自分の着替え
  7. 朝ごはんを食べる
  8. 食器を食洗機に入れる
  9. むすこの見送り・ゴミ出し
  10. トイレ掃除
  11. 布団を片付ける
  12. 洗濯を干す
  13. お風呂掃除をする
  14. 部屋の掃除をす
  15. メイクをする
  16. 出かける

 

起床は5時半,子供の機嫌で多少前後したり時間がかかることもありますが,9時には外出できる状態になります。

 

もっと効率化を目指すならここを変えることができます。

  • 洗濯は乾燥機付きの洗濯機にして干す手間をカット
  • 部屋の掃除はお掃除ロボットで床掃除の時間をカット
  • 布団→ベッドにして寝具は直すだけにする

 

<参考>家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!

家事を自動化するおすすめ家電3つ
家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!毎日次から次へとやることが湧いてくる日々の家事。 特に子供がいると,きれいな部屋が一瞬で大惨事になりますよね。(笑) ...

 

もっと効率化した場合,ここがカットできます。

平日のルーティン<効率化バージョン>
  1. おきたら歯磨き・洗顔・スキンケア
  2. 洗面所の掃除(手で洗いふき取る。タオルはそのまま洗濯機へ)
  3. 洗濯機のスイッチを入れる
  4. コーヒーを入れる
  5. 朝ごはんの準備
  6. 子どもと自分の着替え
  7. 朝ごはんを食べる
  8. 食器を食洗機に入れる
  9. むすこの見送り・ゴミ出し
  10. トイレ掃除
  11. 布団を片付ける
  12. 洗濯を干す
  13. お風呂掃除をする
  14. 部屋の掃除をする
  15. メイクをする
  16. 出かける

家事がだいぶカットされるので,朝に余裕ができるはずです。

 

スポンサーリンク

ルーティンを決めるメリット

ルーティンを決めるメリットは何といっても無駄に迷う時間がなくなり,時間を有効に活用できるようになることです。

迷っている本人は時間を無駄にしている感覚なんてないと思います。でも周りから見ると,時間を無駄にしているということがはっきりわかるのです。

こんな人はいませんか?

今から洗濯して,化粧して,洗い物して…あ,お風呂掃除も…うーん今日何着ていこうかな…今日の天気なんだろう寒いならやっぱりこっち着てこうかな~~…

出かけることが決まっているのに,迷うことで時間を無駄にし結局遅刻するという例です。

ミカ
ミカ
過去の私はこんな感じだったな

朝やることが多い主婦,段取りが苦手な方,子供がいるママ,家を出るのがいつもギリギリな人は,いきあたりばったりで家事をやっている人が多いのでは?と予測します。

 

これは,朝起きてからのルーティンを決めてしまうことで解決します。

私は朝のルーティンを決めてから,以前より1時間以上早く準備が終わるようになりましたよ。

いままで時間をどれだけ無駄にしていたのかがよくわかりました。

選択の多さが時間の無駄をうむ

人は常に選択しつづけていて,その選択こそが時間を奪う原因です。

  • 朝ごはんはパンかご飯か
  • 卵焼きの味付けは甘いのかしょっぱいのか
  • みそ汁の具は何にしようか
  • ウインナーは茹でるのか焼くのか

朝ごはんのメニューを考えるだけでもこの選択の多さです。

 

何かを選ぶというのは頭を使うことなのでとても疲れます。

家事の合間にちょっと休憩…と,スマホを手にとり気づけば30分も過ぎていた…という人はいませんか?

おそらくあなたは家事をして疲れたのではなく,選択することに脳が疲れたんです。休みたくなるのは当然です。

選択の回数を減らしてあげるだけで,負担はググッと軽くなるはずですよ。

おわりに:ルーティンを決めて家事効率をアップさせよう!

「選択する」という疲れる作業を先にやってしまうことで,毎日の家事が格段にラクになります。

時短できる家電やグッズと組み合わせることでもっとラクに感じることでしょう。

アイテムを取り入れただけで,家事がラクになったと感じられない人は,時間をうまく使えていない可能性が高いです。

そんな人はまず朝のルーティンを決めてみてください。流れを決めてしまうだけでだいぶ違ってきますから。

 

何も考えなくても複数のことを同時にこなせる主婦は,頭の回転が速いので,次に何をしたら効率よくできるかをその場でちゃちゃっと決めることができる凄い人なんです。

それができない人は,順序良くひとつのことに集中してどんどん終わらせていくことで家事をうまく回せるようになりますよ。

 

<あわせて読みたい家事をラクにする方法>

>>日用品リストを作って在庫管理をラクにしよう!

>>節約したいミニマリスト主婦がやっているお得なルーティンを紹介します【毎月15日】

ABOUT ME
ミカ
4歳と1歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。