ラク家事・掃除

家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!

家事を自動化するおすすめ家電3つ

毎日次から次へとやることが湧いてくる日々の家事。

特に子供がいると,きれいな部屋が一瞬で大惨事になりますよね。(笑)

 

いくらモノを少なくしても,片付け,掃除,洗濯,料理…なんでも全部自分1人でやるのは大変です。

 

  • 仕事や家事におわれてあっという間に一日が終わってしまう…
  • 毎日くたくたで片付かない部屋を見てイライラ。
  • もっとおだやかな育児をしたいのに…
  • こんなはずじゃなかった…

こんな悩みを少しでも解決してくれるのが,時短家事のために作られた家電です。

我が家もできるだけ家事は自動化するため家電に頼っています。

おかげでこんなふうにブログを書く時間が作れるんです。
そんな自分時間が何よりたのしい。
毎日が充実していると心がおだやかになり子供にやさしくできます。

ミカ
ミカ
悪いことなし!いいことだらけだよ♩ 

 

この記事では,お金をかけてでも導入したほうがいい3つの家電をお伝えします。

3つというと,あれとあれとあれ,かな?と想像はつくかもしれませんが,世間では普及率がまだそんなに高くないようです。

一家に一台が当たり前になれば,負担が軽くなり,もっと毎日を楽しめる主婦が増えるはずです。

そんな未来に早く近づけるよう,時短家電を3つとその魅力をお伝えしたいと思います。


おすすめ家電1:ロボット掃除機

お掃除ロボットルーロ

まずおすすめの家電ひとつめはロボット掃除機。

うちは,マイホームを購入した年にこちらのルーロを購入しました。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥63,579
(2018/11/20 12:19:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

これが本当に便利なんです!我が家にはもうなくてはならない存在!
お掃除ロボットを購入したことによるメリットはこんなにたくさんあります。

 

  • 自分がいない間に勝手に掃除をしてくれる。
  • 子どもがあちこちに落とす乾燥したご飯粒も回収してくれる
  • 床に障害物があると掃除ができないので,床にモノを置かなくなる。
  • 床にモノを置かなくなると部屋がスッキリする
  • 掃除にかける時間が減る。
  • こころに少しゆとりがうまれる
  • 掃除にかけていた時間を別のことに使える

 

うちではロボット掃除機を「ルーロくん」と呼んで,家族のひとりのような扱いをしていますが,片付けするときの声掛けで「ルーロくん」を登場させると効果抜群!

ミカ
ミカ
ルーロくんがおもちゃ吸い込んじゃったら痛くて泣いちゃうよね。だから片付けよう! 

まだまだかわいい4歳のむすこは,そう言うといつもより片付けをがんばってくれます。

 

そして,お掃除ロボットがあることで,部屋をスッキリさせるためにとても大事な床にモノを置かないという習慣を身に付けることができます。

 

掃除がしやすい家具を選ぶようになり,どんどん部屋がスッキリします!

実際に購入してみて,お掃除ロボットは掃除の時間を減らしてくれるだけでなく,家族全員の意識を変えてくれるというメリットがとても大きいように感じました。

 

家族の意識を変えたい!なんでも床にすぐ置く癖を改善したい!という方には試しにお掃除ロボット導入してみるのもいいかもしれません(少々荒ワザですが笑)

 

お掃除ロボットを2週間お試しできるサービスもあります。

対象地域が限られますが,

東京都、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、埼玉県、群馬県、長野県、山梨県、新潟県

にお住いの方はうまく活用してみるのもいいかもしれません。
今なら2週間お掃除ロボット+ダスキンのお掃除グッズが1000円でお試しできます。

詳細を見てみる>>おそうじ性能を追求したダスキンのロボットクリーナー


おすすめ家電2:食器洗い機

おすすめ家電2つ目は食器洗い機(食洗機)

我が家の食洗機はビルトインのPanasonicの深型です。

食洗機をひらいたところ

実は食洗機は,マイホームに導入するかどうか迷ったのです。
実家にはないし,自分が使うのは贅沢かもしれない。今のところなくても平気だし…

と思っていたのですが,お義母さんの「絶対食洗機は必要よ」という言葉をきっかけに,食洗機についてあれこれ調べ,導入を決めました。

マイホームに住んでから約2年たった今,食洗機導入は大正解だった!!と自信を持って言えます。

おすすめの理由はこちら

  • 手荒れがよくなった
  • 水道代が減った(手洗いより節水効果あり)
  • 腰が痛くならない(長時間洗ってると腰にくる)
  • 洗い物にかける時間が短くなった
  • 自分の時間が増えた
  • キッチンをリセットしやすくなった
  • お皿を拭く時間が減った

関連記事>>食洗機って本当に節水になるの?年間の水道代で効果を比較してみました!

 

食洗機は,お皿を洗う時間だけではなく,拭く時間も減らしてくれました。
何より私にとってうれしかったのは手荒れがよくなったことです。

 

肌が弱く,どんなに優しい洗剤をつかってもすぐ手が荒れてしまう私は洗剤を使うときは必ずゴム手袋をつけていました。

その手間も不要になったのです。

デメリットは,慣れないうちは食器の入れ方に手間どること,食洗機対応じゃない食器類は手洗いしないといけないことですが,どちらもすぐ解決できます。

食器の入れ方はすぐ慣れるし,使う食器を少なくすることで解決。
食洗機対応じゃないお皿は使わない,買わないと割り切る。
水筒はスプレータイプの洗剤を使う。

created by Rinker
キュキュット
¥276
(2018/11/20 12:19:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

食洗機を導入してから,いかに自分で洗わなくて済むか,を考えて工夫するようになりました。

食事のあとはお皿に水をはっておき,サッと流して食洗機へ入れたらスイッチオン。
食洗機に入れないものを片付けたら食後の片づけは終了。

ここまでの流れが本当にラクで,食後の片付けが嫌じゃなくなりました。
キッチンのリセットまでできるようになりました。
子どもがいたって,夜の自分時間を楽しめるようになります。

 

食洗機は,忙しい主婦のみなさんには絶対おすすめしたい家電です!

おすすめ家電3:乾燥機付き洗濯機

おすすめ家電3つ目は乾燥機付き洗濯機です。

はい,実は我が家はまだ持っていません!!
普通の洗濯機で毎日洗濯しています。

この洗濯の時間が本当に無駄に感じて仕方がないです。

夫婦二人の時は,洗濯する量が少なかったので2,3日に一回まわせばよかったのですが,さすがに子供が2人いると洗濯機は毎日まわすことになります。

毎日洗濯を干す時間15分。子供の服は小さいので無駄に時間がかかります。
天候に左右されながら乾かない洗濯物に悩む日々。

そんな悩みを解決してくれるのが乾燥機付き洗濯機です。

 

乾燥機付き洗濯機があれば,雨の日の生乾きのにおいに悩まされることも,干す場所が足りなくなることも,干す時間を無駄に感じることもなくなります。

余計な心配,ストレス,時間の拘束から解放されるので,できれば今すぐにでも導入したい家電です。

しかし我が家はまだ購入していません。買うタイミングと何を買うかを検討しているところです。

うちは,モノを買うまでかなり念入りに調べるので時間がかかりますが,そのぶん家にお迎えしたものは大切に大切に使うので,この悩んでいる時間は無駄とは思いません。

近々必ず家にお迎えします。

 

洗濯の時間は思った以上に時間も体力も奪われます。
子どもがいるご家庭はぜひ乾燥機付きの洗濯機を検討してくださいね!

もっとモノに頼っていい!

ミカ
ミカ
人やモノに頼るのが苦手…自分が頑張れば済むことだし…。 

何を隠そう昔の私がこういう思考でした。同じような人いませんか?
もしいたら,この思考は今すぐ断捨離しちゃってください。

日本人は真面目な性格の人が多いせいか,頼るのが苦手らしいです。

 

仕事ができる人は周りをうまく使います。
仕事ができない人は自分の能力を過信して一人でやろうとします。
世の中で出世をするのは,人に頼るのがうまい人らしいですよ。

チームプレーのスポーツだって,1人でワンマンプレーする人より,周りをよく見てパスを回す人の方がチームには必要な存在ですよね。

家でも同じです。

自分の力を過信してワンマンプレーを続けるより,家電を頼りましょう。
心や時間に余裕ができたら,その分家族に優しくできるしもっと別の形で家族に還元できます。

モノに頼らず頑張ることはわるいことではありませんが,大変なのを我慢して「わたしこんなに頑張ってる!」とアピールするより,家電に任せちゃった方がいいと思いませんか?

まとめ:もっと家電を頼ろう

今は共働き家庭,親と同居しない核家族の家庭が多いですよね。

私自身も,近くに頼れる親族はいない状況で,下の子供が幼稚園入園のタイミングで仕事復帰を考えています。

自分でやれば済むことを,家電に頼るなんてお金がもったいない…という考えでしたが,家電を頼るようになり,そのメリットの大きさに驚きました。

時短家電は,少し高くてもお金をかけて導入すべきです。

家事にかける時間を少しでも短くすることで得られるものは,お金以上の価値がありますよ。

 

家電に頼らない家事効率化の工夫はこちら

<参考>
ミニマリスト主婦の家事をラクにするルーティン。【毎月15日にやることを紹介します】

日用品リストを作って在庫管理をラクにしよう!

ABOUT ME
ミカ
4歳と1歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。