お気に入りアイテム

子育て中のママが最低限用意しておくべき防災グッズ!東日本大震災を関東で経験した私が教えます。

ミニマリストは災害に弱い。
と言われますが,ミニマリストだって必要なものは持っています。
防災グッズは必要です。

 

2011年3月11日東日本大震災がありました。
当時わたしは1人暮らしのマキシマリストでモノが非常に多い暮らしをしていました。
モノは多いくせに防災グッズはひとつも用意していませんでした。

 

そんな私が当時,防災グッズが何もない状況をどう過ごしたのか。
について書きます。

そして,当時不安だったことや困ったことを元に,今後の大きな地震の発生を想定して絶対に必要だと思うモノを紹介します。

現在は1歳と4歳を子育て中なので,子育てママが用意しておくべきだと思う防災グッズについて書きたいと思います。


震災当時のこと

地震が起こった日は埼玉で仕事をしていました。

地震直後からずっと,止まらない余震に恐怖を感じ,1人の家に帰るのがとても怖かったのを覚えています。
帰り道電車が動かなかったので,職場の先輩に車で送っていただき帰宅することができました。

 

 

しかし家には食料がほとんどなく,次の日仕事が休みになったので近くに買いに行きましたがお店の棚に食料はほぼ無い状態でした。

みんなパニックで,とにかく自分の身を守ろうと必要以上に買い占めていったのでしょうね。

 

また,私は懐中電灯も持っていなかったので100円ショップで最後の小さなライト一つをギリギリ購入。
他に食べられそうなものを少し買って帰りました。

 

テレビでは津波の映像ばかり流れ,見ていると気が滅入ってとてもとても辛かったです。

それから数日は「計画停電」を実施するとのことで,たびたび町から灯りが消えました。
仕事からの帰り道は街灯がつかず真っ暗。

帰ってからも計画停電中は家の電気が付かず,たった一つの小さなライトと携帯の灯りだけを頼りに過ごしました。
暗い中シャワーを浴びたり,ご飯を食べたりしていました。

 

本当に心細くて怖かったです。
余震が続いていたので,また大きな地震が来るのではないかと不安でした。

十分な防災グッズを用意しておかなかったことをとても後悔しました。

防災グッズを用意していればこの不安はもう少し軽減されたはずです。

最低限これだけは絶対に必要だと思うもの

当時のことを反省し,その後防災グッズをしっかりと用意しました。

ミニマリストであっても防災グッズだけは必要十分に持っています。

当時は一人暮らしでしたが,現在は子持ちの私。
もし今,地震が起こったら絶対に必要だと思うものをこれからあげていきますね。

懐中電灯・ランタン・電池

うちは元々キャンプやフェスが好きでランタンを2つ持っています。
また,懐中電灯は玄関・リビング・寝室・防災リュックそれぞれにひとつずつ置いています。

 

うちの懐中電灯のうち一つはこれです。
かなりコンパクトなんですが,ランタンにもなる優れモノ。

灯りのない生活の怖さを震災を経験しよく知っているので,少し過剰かもしれませんが…灯りは多めに用意しています。
もし家族と暮らしているのに,懐中電灯が小さなもの一つしかない…という状況はちょっと心配です。

 

少し値は張りますが,こういうタイプのものを1つもっておくと安心です。
これは家に置いておくタイプですが取り外しができるので持ち運びも可。

 

これね,スマホの充電もできるというコールマンのLEDランタンなんですが
私がほしいと思っているやつです。(‘_’)

取り外して使えるので家族持ちにぴったり。電池式です。
たくさんの懐中電灯を持っておくよりも一つこれを持っておけば万能に使えるので安心です。

 

 

電池も必要。電池はリビングと防災リュックに常備。買うときはいつもまとめ買いしてます。

 

食料

「ミニマリストはコンビニが食品庫代わり」なんて話を聞きますが…子育てママにそれはおすすめできません。

例えば,身軽に動ける独身の男性ミニマリストなら即座に近くのコンビニに駆け込んで食料を調達!
なんてことができるかもしれませんが,ちいさい子どもを育てているママには絶対無理です。

うちは1歳と4歳。
2人を守るだけでも精一杯なのにコンビニに駆け込む余裕なんてありません。

 

身軽に動けない人は事前にしっかり準備しておくと安心ですよね。

 

 

非常食としては定番ですが,水を160㏄入れるだけで食べられるアルファ米は5年持つので,うちはこれを買いました。
スプーンもついています。
半分は家の備蓄品コーナーに。残り半分は防災リュックに入れています。

5年間の安心を3500円で買いました。
4人暮らしにはちょっと少ないかもしれませんが,残りはローリングストックの食材で補填します。
子どもが小さければ,離乳食は多めに用意しておくと安心です。
幼児がいる家庭は,ちょっとしたお菓子・飴などがあると良いですよ。

うちは,家には2ℓタイプの水を常備しています。
12本は確実に置いています。
4人家族で1日1人1本で想定すると3日分ですね。
本当は1週間分が理想。

これすごい。5年保存可!!(でも高いよw)
ん?でもよく考えたら,市販の2年くらいが賞味期限の水を2回買ってストックするよりもコスパいいのかも…と今気づきました。笑

 

ちなみに持ち運ぶ用の防災リュックの中には500mlタイプのペットボトルを入れています。
家族みんなでそれぞれボトルを使えるし,子どもが扱いやすいからです。

 

おむつ+おしりふき

うちの子たちはおむつがまだ外れていないので,おむつを防災リュックに入れています。
それぞれのサイズを持つのではなく,上の子のサイズを多めに入れてます。

下の子も大きいオムツで対応可能ですし,おむつは例えば具合が悪くなった時の嘔吐物の処理,止血などにも使えます。

 

また,おしりふきはとても万能。
市販のウエットティッシュよりも水分を多く含んでいるので,汚れが落ちやすいのです。

子供たちの排泄の汚れだけではなく,お手拭きとしても使えます。
顔も拭けるし汚れも拭ける。
タオルや手ぬぐいと違って水を使わなくてすむところが良いところです。

ピジョンのおしりナップが厚手で好みなのでうちはいつもこれです。
ドラッグストアでも売ってますよ!

トイレの凝固剤

非常時のトイレの想像は難しいと思いますが,絶対に用意しておくべきですね。

現在私は非常用リュックには簡易の凝固剤+ゴミ袋を入れていますが,家用にこれを購入しようかと。

凝固剤+袋付きでコンパクトなセットになっています。

家で,水が出ない時のトイレ対策は,大きめのゴミ袋とペットの排泄用のシートや砂?でも対応できるみたいですよ!
ペットがいるご家庭は代用できることを覚えておきましょう◎

 

(ヘルメット)

せめて子供用だけでも,ヘルメットは持っておくとさらに安心ですね。
うちは自転車用のヘルメットがあるので子供たちはそれをかぶせて逃げるのを想定しています。

うちの子たちのヘルメットはNICCOの緑と青です。

ベビー用とキッズ用があります。



 なにも用意していない人は

家に防災グッズが一切何もない!という人は…今すぐ用意していただきたいです。
家族を守れるのは,きちんと準備をしていた人だけ。

準備が面倒なら,多少のお金を払ってでも防災士監修の防災セットを購入しましょう。

このリュックの中身は一通りチェックしたのですが,とりあえずこれがあれば3日は何とかなりそうです。
(72時間を生き抜く防災グッズと書いてありますね。笑)

これに子供用のグッズを足しましょう!
>>2人の子持ちミニマリストの防災リュックの中身を全部お見せします!

もし一から準備するなら,このリュックの中身を参考にしたらいいと思います。
または下記を参考にしてください。

2018年6月の大阪地震をきっかけに「東京防災」のアプリが役立つと話題です。
>>東京防災アプリダウンロードはこちらのページからどうぞ

こちらは東京仕様の防災ブックですが,他の地域の方でも役立つことが書いてあります。
kindle版なら無料でダウンロードできるので,ぜひ
こちらも参考にしてください。

おわりに

まとめます。

私が子育てママとして「最低限必要だと思うモノ」は

  • 懐中電灯・電池
  • 食料
  • 子どものグッズ(おむつ+おしりふき)
  • 非常用トイレ
  • (ヘルメット)

逃げるときは

  • めがね
  • 保険証
  • 小銭
  • 携帯電話・充電器

など身の回りの貴重品を一緒に持っていきましょう。

 

最低限ここにあげたものだけは必ず防災リュックに入れておきましょう。
ちなみにこれは本当に最低限です。
防災リュックの中身一覧はこちらの記事をどうぞ。
>>2人の子持ちミニマリストの防災リュックの中身を全部お見せします!

 

最後に。防災リュックの見直しではこれをチェックしてください。

  • リュックはいざというときサッともって逃げられる重さかどうか
  • 最低限本当に必要なものは入っているか
  • 食べ物や水の賞味期限は切れていないか
  • 使いたい時すぐにちゃんと使える状態か(壊れていないか)

防災リュックは特に重要です。
ママが真剣に準備をしておけば,いざというとき子供や家族を守ることができます。

定期的に防災グッズはチェックしていざというときに備えましょう!

 

 

ABOUT ME
ミカ
4歳と1歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。
RELATED POST
B型ベビーカーポキットプラス お気に入りアイテム

ミニマリスト主婦が選んだB型ベビーカーはコンパクトさが魅力のポキット pockit プラス!

2018年2月14日
ミニマリストになりたい人に役立つブログ【ミドリノ】
子どもが2人の我が家ですが,実はベビーカーは4台目。 正直,子供用品にお金をかけるのはもったいないと思っていたので ベビーカーをこん …
おすすめの多目的洗剤 お気に入りアイテム

多目的に使える洗剤がすごい!ミニマリストがよくおすすめしている3種類+αを紹介します

2018年10月9日
ミニマリストになりたい人に役立つブログ【ミドリノ】
ミニマリストは最小限の持ち物で暮らす人たちのことです。 持ち物を最小限にする一例として 掃除する場所によって洗剤を分けず,一つの洗剤 …