防災

【防災グッズ】子どもがいる私が最低限これだけは!と思う「備蓄品」まとめ

子育てママ向け!最低限用意しておきたい防災備蓄品まとめ

東日本大震災の時,私は防災グッズをなにひとつ用意していなかったので,めちゃくちゃ慌てました。

ものすごく不安になり盛大に後悔したので,震災以降「防災」についてはめっちゃ勉強しました。

今は子供が2人もいる身です。何かあってから後悔するのはもう嫌だし,子供たちの命は自分にかかっていると思うと責任も重大。。

というわけでこの記事では,子どもがいる人を対象に,私が用意しているモノを紹介します。

最低限これだけは用意しておいたほうがいいよ!!と私が思う「備蓄品」です。

参考にしてもらえたらうれしいです。優先度が高いものから紹介していきます。

【メモ】「備蓄品」とは何かあったときのために,家に備えておくモノのことです。


いちばん重要なのは「電気」

電気の確保はとにかく大切です。あかりがないと,夜は家の中でも身動きがとれなくなってしまうのでとても危険なんです。

できれば「ランタン」と「ヘッドライト」の両方あったほうがいいかなと思います。購入したら一度どんな感じになるか夜に試してみて下さい。

家族4人に明かり一つだと結構暗くて不安だったりします。

うちは趣味のキャンプで使うため,明かりは結構多めに確保していますが,中でも「モバイルバッテリー」にもなるランタンは優れものなのでおすすめです!

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥5,400
(2020/07/07 01:08:38時点 Amazon調べ-詳細)

子どもがいる場合「ヘッドライト」があると大活躍します。

キャンプで夜に暗闇を歩いてトイレに行くとき,子供と手を繋ぐと懐中電灯が持てなかったので助かった経験からです。首にもかけておけますしね。

↓うちのヘッドライトはこちらです。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥968
(2020/07/07 01:08:39時点 Amazon調べ-詳細)

子どもがいる場合はあかりを多めに用意してあげるといいですよ。大人でもあかりがないのは怖いものですから。

ないと絶対に困る非常用「トイレ」

次に確保しておきたいのが「トイレ」です。

水が止まってしまったら家のトイレは使えなくなりますが,私たちは一日に何度もトイレにいきますよね。

非常時の「トイレ」は絶対に必要なものなので,用意しておきましょう。

「専用の非常用トイレ」を用意するのが手軽ですが,「ペットシーツ」「ゴミ袋」「防臭袋」などを普段からローリングストックしておく方法もおすすめです。

ペットシーツは子供の嘔吐対応でも使えますし,防臭袋は夏に生ごみのニオイ対策で使ってるのでうちには常にストックがあります。

調理するために必要な「ガス」

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥3,680
(2020/07/06 19:43:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥2,900
(2020/07/06 19:43:03時点 Amazon調べ-詳細)

カセットコンロとガス缶があれば「火」を使った調理ができます。

火をおこす手段があると安心感が桁違いです!お湯を沸かせるしお米も炊けます^^

ちなみにうちは「ワンバーナー」「ツーバーナー」を持っています。どちらもキャンプ用ですが,特にワンバーナーはコンパクトになるのがいいところです^^

収納場所がないよーという人は「ワンバーナー」がおすすめです。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥5,456
(2020/07/06 03:34:13時点 Amazon調べ-詳細)

うちは保管用とキャンプ用に10本くらいは常にガス缶を保有しています。

生きのびるために必要な「水と食料」

次に必要なのが「水と食料」です。家が無事で,火をおこす道具があれば,家にある食材を調理して食べることができますよね。

最低でも「3日分の水と食料」は必ず家に備蓄しておきましょう。

水は1人1日3ℓ必要です。これは生活用水込みの量です。

つまり4人家族なら2ℓのペットボトル6本で1日分になるので,3日分なら18本は必要です。

非常食は,水さえあれば食べられるアルファ米など手軽に食べられるものを用意しておくと安心です。

意外と賞味期限が長いおかゆは水分が一緒にとれるのがいいところです。

防災のプロおすすめの「えいようかん」は防災リュックに入れるのにいいサイズ。

created by Rinker
井村屋
¥621
(2020/07/06 03:43:13時点 Amazon調べ-詳細)

パンは子供が喜びそうです。

子どもが離乳食期なら,普段からレトルトを多めに用意しておきましょう。

普段から常備しておくべき「情報源」

非常時の情報収集はとても大切です。

最低限用意しておきたいのが「モバイルバッテリー」です。

一人一台スマホを持つ時代なので,充電さえ確保できればネットで情報収集ができますね。今はSNSも情報源としてとても便利に使えます。(正しい情報を見極める力も必要ですが)

「電池とラジオ」を用意しておくとさらに安心ですね。

あとこれは「最低限」の範囲ではありませんが,キャンプに行く我が家は「ポータブル電源」もいずれ導入する予定なので,ここまで用意しておけばさらに安心です。

「最低限必要だと思う備蓄品」まとめ

「防災グッズなんにも用意してないよー」という人は,とりあえずこれだけは!家に最低限備蓄しておきましょう。

  1. ランタンなどの電気
  2. 非常用トイレ
  3. ガス調理器
  4. 水・食料
  5. 情報源

家さえつぶれなければ,しばらくは,停電や断水になっても生き延びることができます。

大事な家族を守るため,あれこれ準備するのは大変ですが,まずはここから始めましょう^^

◆非常時に持ち出す「防災リュック」▶2人の子持ちミニマリストの防災リュックの中身を全部お見せします!

◆防災グッズの収納場所▶防災リュック・備蓄品の収納場所は,家族全員で把握!

◆防災の知識は無料で勉強できます↓

東京都防災アプリ

東京都防災アプリ

Tokyo Metropolitan Government無料posted withアプリーチ

 

ABOUT ME
ミカ
6歳と3歳を育児中の専業主婦。モノを減らして家事を効率化しまくったら,お金・時間・こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに「家を整えて自分の時間を作ること」をおすすめしたい。そのためにできることを提案しているブログです。
まずは「買い物時間」から家事の負担を減らしていこう

育児中大変な家事のひとつが「買い物」ですが,できるだけ自宅で済ませることができれば,ママの負担は激減します^^

6年で4つの宅配サービスを利用してきた私が現在使っているのが「パルシステム」です。食材の安全性・味・使い勝手・値段を総合して一番好きだと思いました^^

↓詳しく知りたい人はこの記事を読んでみてくださいね【特典あり】↓
パルシステム「タベソダ」を使った感想