ブログ運営を副業にする方法

「家でできる趣味がほしい」そんな主婦のあなたにブログをおすすめするよ

主婦の趣味にブログがおすすめ

子どもが生まれると,自由に外出することが難しくなりますよね。

  • 仕事復帰はまだできない
  • 家事育児だけの毎日がつまんない
  • 在宅でお小遣いが稼ぎたい

そんなあなたにおすすめしたいのが「ブログ運営」です。

パソコンのタイピングくらいしかできなかった私ですが,今では毎月自分のお小遣いくらいは稼げるようになりました。

あっ,正直ラクではありません(笑)

ラクではありませんが,趣味がドラマを見ることだった頃よりは確実に毎日充実していると言える自信があります。

なにかやってみたいなー

と思っているあなたに,ブログ運営の魅力が伝わったらうれしいです^^

\ブログの運営方法をまとめた記事はこちら/

ブログの運営方法・始める手順まとめ|パソコン得意じゃない主婦でもできたよ ここは私のブログ運営に関する記事をまとめたページです。 本格的にこのブログを運営し始めたのは2018年1月。 2021年1...

主婦の趣味にブログをおすすめする理由

私はブログを始めてから,毎日がとても楽しいです。

メッセージをくださる読者の方とのやり取りや,「役に立ちました!」というコメントにやりがいを感じてるんですよね^^

人生をより豊かにしてくれるのが「趣味」だと思っているので,もっとブログをやる時間がほしい!と思える趣味に出会えたことをうれしく思っています。

気軽に外出できない子育て中の主婦には特におすすめしたいので,まずブログの魅力を7つお伝えします!

1.家でもどこでも,パソコンかスマホがあればできる

パソコンかスマホがあればブログはどこでもできます。

今はもう多くの人がスマホを持っていますよね。無料のブログならスマホひとつで気軽に始められます。

自分だけのブログを本格的にやりたいなら,パソコンがあった方がいいんですが,場所にとらわれずどこでもできるというのがブログのいいところです。

2.モノとして場所をとらない

例えばハンドメイドを趣味にすると,材料や道具,作品が家にどんどんたまっていきます。

なかなか捨てられないし,場所をとり,邪魔に感じることもあるでしょう。

その反面ブログはパソコンかスマホがあればできるので,モノとして場所をとりません。

モノが増えることがないので家が散らからずにすみますよね。

3.自分の記事が誰かの役に立つのは嬉しい

例えば,子供が離乳食をたべてくれなくて悩んだときの体験談を書けば,同じように悩んでいる人は「うちだけじゃないんだ」と救われます。

また,「まったく離乳食を食べてくれなかった子どもが,食べるようになるまで取り組んだこと」などを書けば,悩んでいる人が同じことを試してみよう!と思ってくれます。

これが,人の役に立つ記事です。

自分が体験したことが人の役にたつというのは嬉しいものです。

「記事が役に立ちました!ありがとうございます!」と初めてメッセージをいただいたときは胸が熱くなりましたよ。

4.ほんの少しでもお小遣いになれば老後の不安が減る

ブログは,広告を扱っているサービスに登録することで,広告を貼ることができます。

広告を読者のかたがクリックしたり,商品を購入することであなたに広告費が支払われます。

私は,Googleが提供する【Googleアドセンス】や【A8.net】などから広告費をいただいています。

毎月のお小遣いがなかった私は,家でお小遣いを稼げるようになり心の負担がだいぶ軽くなりました。

少しでもお小遣いを稼ぐスキルを今のうちに身につけておけば,老後の年金に対する不安が減りますよね。

専業主婦の「家にいてお金を稼いでいない」という劣等感がすこし薄れるので,私は気持ちの面で大きく救われました。

5.一生の趣味にもなる

ブログは,いつでもどこでも誰でも自由にできるものです。

ブログはやめなければ一生続けることができます。

私は年をとっても,カフェでブログを書きたいです。

カフェでパソコンをひらく現代的なおばあちゃんになるのが夢になりましたよ。笑

6.気持ちの整理ができる

子どもが小さいと,自分の気持ちを吐き出す場が少ないですよね。

不思議なことに,ブログを書くことで自分の気持ちが整理されてスッキリしたことがあります。

人に話すまでもないけど,書いたらスッキリする。

それを公開し,共感してくれる人がひとりでもいたら,それは誰かの心を軽くするお役立ち記事になるのです。

気持ちをスッキリさせるためのひとつの手段としても,ブログは使えます。

7.後で見返しても楽しい

1年前に書いた記事を読み返してみると,「あの頃はこんなこと考えてたんだ。」なんて思い返すことができて楽しいです。

手軽にいつでも見返すことができますし,育児ブログを自分の子供にいつかみせてみる,なんていうのもワクワクしますね!

お悩みの解決記事なら「ママはこんなふうに悩みながら子育てしてきたんだよ」と伝えることができるし,

お出かけしたときのレビュー記事なら「こんなふうに一緒にお出かけしたんだよ」と思い出を振り返ることができます。

想像するだけで,楽しいですよね~!!

ブログをおすすめしたい人

ブログをオススメしたいのはこんな人です。

  • 子供がまだ小さくて働けない専業主婦
  • 育休中になにかやってみたい人
  • 家でもできる趣味がほしい人

子どもがまだ小さい専業主婦

ミカ
ミカ
ブログは,子どもがまだ小さい専業主婦の声を世の中に届ける方法のひとつ!

子どもが生まれたばかりだと,すぐに働きにでるのは大変です。

保育園の待機児童問題や,子育ての方針などで働きたくても働けない主婦は多いと思います。

私は毎日育児と家事だけの日々に物足りなさを感じていました。

そんなとき始めたブログの記事が誰かの役に立ったと知ったとき,自分の存在が世間に認識されたような気がして嬉しかったんです。

世間に自分の存在をアピールするツールの一つとしてブログをおすすめします。

育休中になにかやってみたい人

ミカ
ミカ
「とりあえずやってみる」が気軽にできるのがブログ

育休は原則1年ですが,保育園に入れないなどの事情によって2年まで延長することができます。

育児休暇の目的は,産後の妻の体を休めるため,子供を育てるため,に取得するものだと思います。

子供との時間を大切に過ごしながらも,「仕事をしていてはできないことにチャレンジしてみたい!」と資格を取ったりする人もいるようです。

「育休中になにかやってみたい」

その「なにか」は,自分の興味がはっきりしないとなかなか取り組めるものではありません。

ブログは家に居ながら ”とりあえずやってみる” が手軽にできるのがいいところだと思っています。

家でできる趣味がほしい人

ミカ
ミカ
ブログを好きになれたら育児中の毎日がもっと楽しくなったよ!

子供を産むまで私の趣味は「音楽フェスに行くこと」「お酒を飲むこと」でしたが育児中はそれができませんでした。

家でできる趣味がほしくて,ハンドメイド,消しゴムハンコ作り,アクセサリー作りなどもやりましたがすぐに飽きました。

ブログは,在庫を抱えることもないし,飽きたらやめることも簡単です。(ぜひ続けてほしいけど!笑)

私はブログを始めて,その楽しさにハマってからは毎日が本当に楽しいです^^

自分の文章が誰かに読まれ,反応してもらえると達成感?幸福感?みたいなものを感じるんです♪

「家でできる趣味」の中で,ブログ運営は私のおすすめナンバーワンです^^

ブログを趣味にするのをおすすめしない人

ブログは,ネットの世界に文章を書きためていくものです。

「文章を書くのが苦手。やりたくない。」という人にはおすすめしません。

また,ブログを運営してほんの少しでも収入を得たいと思っているなら,多少は勉強も必要です。

「勉強したくない,ラクして稼ぎたい」という考えの方に,ブログはおすすめできません。

ブログはラクに稼げるものではありませんから^^

もしブログに興味がある!という方は,ぜひ楽しむつもりで取り組んでみてください。

「趣味として楽しもう!」という気持ちで始める方が,収益だけを目的にするより絶対に長続きしますよ^^

おわりに

ブログを長く続けていくと,自分の子供のように愛着がわき,もっとよくしていきたい!いろんなことしてあげたい!と思うようになります。

本当に楽しいですよ~^^!!

子育て中に家でもできる趣味を探している人は,ぜひブログを選択肢の一つとして考えてみてください♪

ブログに関する記事のまとめページはこちら↓

ブログの運営方法・始める手順まとめ|パソコン得意じゃない主婦でもできたよ ここは私のブログ運営に関する記事をまとめたページです。 本格的にこのブログを運営し始めたのは2018年1月。 2021年1...

\記事の書き方を学びたい人はこっちのブログを見てね/

ABOUT ME
ミカ
夢は「いつも笑顔のお母さん」 なのに心に余裕がなくていつもイライラしていた私を変えてくれたのが「片付け」だった。 数年かけてモノだらけの部屋を脱出。現在は理想の育児ができなくて悩むママたちにSNSやブログで「家を整えることの大切さ」を広めている。 4歳と7歳を育てる元幼稚園教諭
HP作成・イラスト依頼は「ココナラ」がおすすめ

WordPressの立ち上げ・カスタマイズ
ロゴ作成・SNSやTwitterのアイコン作成
全部ココナラで依頼できます♪

\無料の会員登録だけで300円のクーポンもらえる/

\とりあえず依頼する人を探してみる人はこちら/