運営者のさらに詳しいプロフィール

    この記事は非常に無益なものとなっております。笑

    私がミニマリストの暮らしになぜこんなにも強く影響をうけたのか,過去の自分と部屋のことを思い出しながら書いてみました。興味のある方だけどうぞ♪

     幼少期|妹の面倒をよく見るお姉ちゃん

    2人姉妹の長女としてうまれました。5歳はなれた妹がいます。

    妹の面倒をよくみてくれる良いお姉ちゃんだね~!しっかりしてるね~!

    と言われていましたが実際は,周りからものすごく可愛がられている妹をうらやましいと思っていました。

    お姉ちゃんらしく振る舞うと褒めてもらえるので,それが嬉しくて妹を可愛がっていたような気がします。

    小学校時代|多趣味だけど飽きやすい性格

    小学校にあがる頃,アパートから二世帯住宅へ引っ越し,自分の部屋ができました。

    なぜか5月5日の子供の日は毎年大掃除をするという謎の我が家ルールがありました。
    その日は,部屋中をひっくり返して掃除していました。

    といっても途中で漫画を読んだり,モノの配置換えをする程度。モノの「捨て方」がわかってませんでした。別の場所にモノを収納しなおして満足していました。

    ピアノ・そろばん・水泳を習っていて,普段は裁縫と本を読むことが趣味でした。
    金管バンドで楽器を経験するなどいろんなことを経験した小学校時代。

    なんでもそれなりにできたため多趣味になりました。一瞬ハマってすぐ飽きるというサイクルを繰り返していましたね~。

    中学校時代|負けず嫌いのおかげでメンタル強化

    仲良くしていた10人くらいの女グループでいじめにあいました。今思えば,無視レベルでかわいいものでしたけど。笑

    幸い親との関係が良好だったので母に話を聞いてもらい,なんとか耐えました。辛かったら休んでいいと言われたものの,皆勤賞を目指していたので学校は意地でも休まず。

    結果3年間皆勤賞をとりました!なんでそんなにこだわっていたのかはわかりません。笑
    しかし,一度やると決めたことは意地でも達成しかったんですよね。

    たぶんここでメンタルが強くなったんだと思います。

    勉強はそこそこできたので近所で一番いいところに普通に進学。このころ仲良くなった友達の影響で漫画とアニメにはまり,部屋は大量のグッズであふれました。

    高校時代|青春の裏側はなかなかヘビーな物語

    わたしの青春時代です(*’ω’*)友達や当時の彼氏と過ごした日々は今思い出しても,本当に楽しかったです。「幼稚園の先生になる」と決めていたので,大学に進学するつもりでした。

    が。

    ちょうどこの時期に父が脱サラ,起業,単身赴任,お金がない…という家庭の事情に直面。当時はそこまで深刻だとは思わなかったのですが,奨学金+借金(親が)でなんとか大学に行かせてもらうことができました。

    上京のため部屋を空っぽにしろと言われたものの,捨て方・片付け方がわからずいまだにそのまま置いてあるモノが大量にあります。

    現在祖母だけが住んでいる実家ですが,いつか片付ける時がくるので,その時は片付けの様子をブログに書きたいものです

    大学時代|世界がひろがった4年間

    上京し一人暮らしをはじめます。

    専門分野を学びたいのにどうでもいい授業が多く(当時はそう思ってた)いまいち学びに身が入らない日々。体育会系の部活に入り,その競技にハマっていました。

    週6で部活。週4~5でバイトに明け暮れました。

    部屋は,ほぼ寝るためだけの場所だったので,掃除せず,ご飯つくらず,片付けず…ひどい部屋でした。

    ミカ
    ミカ
    残念な女子大生代表だったと思います。

     

    しかし!大学時代は高校から引き続き毎日楽しくて充実してました!!(‘◇’)ゞ20歳になるころ,ROCK IN JAPAN FESに行ったことで人生がかわります。

    フェス,キャンプ,ライブが大好きになり,人脈がかなり広がりました。

    10代から50代くらいまでの友人に出会い,いろんな人生があること,いろんな考え方があることを知りました。

    社会人|仕事と趣味にあけくれる

    幼稚園の先生になりました。大変だったけどやりがいがあって楽しかったです。

    仕事をはじめたことで,生活が規則正しくなり,大学時代に不規則な生活で増えた体重が,いつの間にか適正体重まで戻りスッキリしました。

    しかし,相変わらずモノは捨てられず,掃除も面倒で部屋の様子は大学時代とまったく変わりませんでした。

    そんな汚い部屋では落ち着けないので,休みの日は外に遊びに行ってばかり。ライブとフェスと飲み会ばかりで,金遣いが荒かった時期です。

    結婚|たくさんのモノと一緒に引っ越し

    4年間仕事を続けましたが,貯金はほぼ0状態でなんと結婚することに。
    当時遠距離恋愛をしていた4つ年上の彼と。奨学金の返済はもちろん残ったままです。

    当時26歳。正直まだ早いかな~と思っていた結婚でしたが,どうせするなら早くても遅くても一緒だよ^^と言ってくれた夫に惹かれ,結婚することになりました。

    結果論ですが,現在とてもしあわせなので,結婚はしてよかったと思います。

     

    引っ越しの時,普段あまりあれこれ言わない夫が私の荷物を見て,

    …もう少しモノ減らした方がいいかもね…?

    と言いました。私は

    ミカ
    ミカ
    全部必要だから!

    と言い,夫の住む部屋へたくさんのモノと一緒に引っ越し,1LDKの部屋が一気に狭くなりました。

    妊娠&出産|モノと真面目に向き合い始める

    結婚後,パートを始めましたが,しばらくして妊娠をします。それを機に,今までのようにフットワーク軽くあちこちに出歩くことが出来なくなりました。最初はそのストレスがすごかったです…

    ここでようやく部屋とモノと真面目に向き合い始めます。

    出産後,汚い部屋に赤ちゃんを迎えるのは嫌だったため,掃除と片づけを頑張りました。このとき,片付けがストレス発散になることに気づきます。

    赤ちゃんのスペースだけはあれこれ考えながらきれいに整理整頓していました。モノは少し減ったかな?

    現在|ミニマルな暮らしの心地よさに気づく

    長男を子育て中に「持たない ていねいな暮らし」という本に出会いました。

    created by Rinker
    ¥1,404
    (2018/12/20 23:43:57時点 Amazon調べ-詳細)

    この本が私の暮らしを変えるきっかけとなりました。

    「持たない暮らし」に惹かれ,できることだけ真似をしてみたら暮らしが一気にラクになり感動したのを覚えています。ライフスタイル本を読み漁り,断捨離やミニマリストという生き方にどんどんハマっていきました。

    マイホームに引っ越すころにはだいぶスッキリした暮らしができるようになりました。

    おわりに|私も誰かの暮らしを変えるきっかけになりたい

    私の経歴を,モノや部屋の様子と一緒に振り返ってみました。

    モノを捨てられなかったが私は,ふとしたきっかけで一気に変わることができました。
    私も誰かの暮らしを変えるきっかけになれたらいいなあと思い,このブログを書いています。

    子育て中のママたちが毎日イライラしてしまう原因は,自分の時間がとれないからです。心に余裕を持てなければ誰だってイライラしてしまいますよね。

    散らかった部屋・うまくいかない家計管理・人間関係。

    ミニマリストの暮らしを真似することでこれらがスッキリ解決するなら,やってみたいと思いませんか?前向きに頑張りたい!って人を私は応援していきたいです。

     

    何から始めたらいいかわからないという人はここからチャレンジしてみてください⇒「子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ

    モノを捨てられなかった私が,このブログを通して少しでも多くの悩める子育てママたちに役立つ情報をお届けしたいと思います。