さらに詳しいプロフィールはこちら

さらに詳しい私のプロフィールを読みたいと思ってくださったそこのあなた。
ありがとうございます…♡

 

特に有益な情報はないかもしれませんが,もしなにか共通点などありましたらtwitterなどで気軽に話しかけてくださいね~♩アカウントはこちらです!@midorino_happi

 

さて,この記事は
私の経歴・過去の私と部屋(モノ)について結構赤裸々に語っています。
興味のある方だけどうぞ♪

 幼少期

2人姉妹の長女としてうまれました。
5歳はなれた妹がいます。

 

妹のことがかわいくてよく面倒をみてくれるいいお姉ちゃん!
と言われていました。

 

でも実際は,周りからものすごく可愛がられている妹をうらやましいと思っていました。

小学校時代

小学校にあがる頃,アパートから二世帯住宅へ引っ越し。
自分の部屋ができました。

 

我が家のルール。
なぜか5月5日の子供の日は毎年大掃除!!。
部屋中をひっくり返して,別の場所に収納しなおして満足していました。

 

片付けを勘違いしていました。
モノの捨て方がわかりませんでした。

 

習い事はピアノ・そろばん・水泳。
趣味は裁縫と本を読むこと。
金管バンドで楽器を経験。

 

いろんなことを経験した小学校時代。
なんでもそれなりにできたため多趣味?になりました。
全部そこそこ楽しいし一瞬はまってすぐ飽きるというサイクル。

 

中学校時代

仲良くしていた10人くらいの女グループ(多っ!w)でいじめにあいました。
今思えば,無視レベルでかわいいもんでしたけど。笑

 

親には辛かったら休んでいいと言われたものの,皆勤賞を目指していた私。
そんな奴らに自分の皆勤賞を奪われるのが悔しくて意地でも学校は休まず。

結果3年間皆勤賞。
なんでそんなにこだわっていたのかはわかりません。笑

その時期に漫画好きの友達と仲良くなり,いつのまにかいじめは終結。
最終的に主犯がいじめられるってオチでした。
心の中で言ってやりました。ざまーーみろ!!笑

 

たぶんここでメンタルが強くなったんだと思います。

 

友達の影響でハマった漫画,アニメの世界。
部屋には漫画やグッズがものすごい勢いで増えました。
ネット小説にもはまり,暇さえあればネットサーフィンしまくっていました。

 

勉強はそこそこできたので近所で一番いいところに普通に進学。

高校時代

わたしの青春時代です(*’ω’*)
友達や当時の彼氏と過ごした日々は今思い出しても,本当に楽しかったです。

 

なりたい職業があったので普通に大学に進学しました。
実はちょうどこの時期に父が脱サラ,起業,単身赴任,お金がない…
という家庭の事情のため,奨学金を借り,さらに借金(親が)したうえで大学へ行かせてもらいました。

 

当時の私の部屋はあいかわらずたくさんのモノに埋もれていました。
上京のため,ある程度は処分したものの,いまだに置きっぱなしのモノも…。

 

現在,当時の家には祖母だけが一人で住んでいるのですが,たくさんのモノはすべて放置されています。
実家をいつか片付ける時がくるので,その時は片付けの様子をブログに書きたいものですねえ。

大学時代

上京し一人暮らしをはじめます。

 

専門分野を学びたいのにどうでもいい授業が多く(当時はそう思ってた)いまいち学びに身が入らない日々。
体育会系の部活に入り,その競技にハマっていました。

週6で部活。
週4~5でバイトに明け暮れました。

部屋は,ほぼ寝るためだけの場所でした。
掃除しない。ご飯つくらない。片付けない。
ひどい部屋でした…。残念な女子大生代表だと思います。

 

でも大学時代は高校から引き続き毎日楽しくて充実してました!!(‘◇’)ゞ

 

20歳になるころ,ROCK IN JAPAN FESに行ったことで人生がかわります。

 

フェス,キャンプ,ライブが大好きになり,人脈がかなり広がりました。
10代から50代くらいまでの友人に出会い,いろんな人生があること,いろんな考え方があることを知りました。

 

社会人になる

中学のころからなりたいと思っていた仕事につきました。
仕事は大変でしたが,やりがいがあり楽しかったです。

仕事をはじめたことで,生活が規則正しくなり,大学時代に不規則な生活で増えた体重が,いつの間にか適正体重まで戻りスッキリしました。

 

しかし,相変わらずモノは捨てられず,掃除も面倒で部屋の様子は大学時代とまったく変わりませんでした。

 

そんな汚い部屋では落ち着かず,休みの日は外に遊びに行ってばかり。
ライブとフェスと飲み会ばかりで,金遣いが荒かった時期です。

結婚をする

4年間仕事を続けましたが,貯金はほぼ0状態でなんと結婚することに。
当時遠距離恋愛をしていた4つ年上の彼と。

奨学金の返済はもちろん残ったままです。

当時26歳。正直まだ早いかな~と思っていた結婚でしたが,
プロポーズ時期をあらかじめ打診されていたうえ,
どうせするなら早くても遅くても一緒だよ^^
と言ってくれた夫に惹かれ,結婚することになりました。

結果論ですが,現在とてもしあわせなので,結婚はしてよかったと思います。

 

引っ越しの時,普段あまりあれこれ言わない夫が私の荷物を見て,

「…もう少しモノ減らした方がいいかもね…?」と言いました。

私は「全部必要だから!」と,たくさんのモノと一緒に夫の住む部屋へ引っ越し,1LDKの部屋が一気に狭くなりました。

妊娠&出産をする

結婚後,パートを始めましたが,しばらくして妊娠をします。

それを機に,今までのようにフットワーク軽くあちこちに出歩くことが出来なくなりました。
最初はそのストレスがすごかったです…

 

ここでようやく部屋とモノと真面目に向き合い始めます。
出産後,汚い部屋に赤ちゃんを迎えるのは嫌だったため,掃除と片づけを頑張りました。

このとき,片付けがストレス発散になることに気づきます。

 

赤ちゃんのスペースだけはあれこれ考えながらきれいに整理整頓していました。
モノは少し減ったかな?

そして現在

長男を子育て中に「持たない ていねいな暮らし」という本に出会いました。

created by Rinker
¥1,404
(2018/11/21 03:40:47時点 Amazon調べ-詳細)

この本が私の暮らしを変えるきっかけとなりました。

「持たない暮らし」に惹かれ,できることだけ真似をしてみたら暮らしが一気にラクになり感動したのを覚えています。
ライフスタイル本を読み漁り,断捨離やミニマリストという生き方にどんどんハマっていきました。

マイホームに引っ越すころにはだいぶスッキリした暮らしができるようになりました。

 

現在は,さらに効率よく家事をこなせるような仕組みづくりをしています。
ラクをしたいからでもあり,自分の時間を作るためでもあります。

 

ミニマリストを勘違いしていたころは,ミニマリストみたいなストイックな暮らしは無理!だと思っていました。
でもミニマリズムの本質を知ってからは,別にストイックになる必要はないんだと知りました。そしてよりミニマリズムという思考に惹かれていきました。

 

家族がいるミニマリストの暮らしはバランスが良い。

 

ストイックすぎず,ラクするために道具に頼る。
持たないことと持つことのバランスが良い暮らしが私の理想です。

おわりに:私が伝えていきたいこと

私の経歴を,モノや部屋の様子と一緒に振り返ってみました。
こんな人間が書いているブログです。
ごく普通のどこにでもいる主婦です。

元々,モノが捨てられない人で,家族もみんなモノを捨てられない。
でも,ふとしたきっかけで私は一気に変わりました。
人は変わることができます。

 

ミニマリストって

  • 敷居が高い
  • 変な人
  • ストイック
  • 無理
  • なれない

こんなイメージありませんか?
私はこんなふうに思ってました。笑

【おすすめ書籍】ミニマリストのことをよく知らない人に,ぜひ読んでほしい本【手ぶらで生きる/手ぶら本 口コミ】 私はこんなセリフを聞いたことがあります。 少し前まで私もミニマリストは「モノが極端に少ない人」「すぐにモノを捨てて...

 

でも,ミニマルな暮らしは子育て中のママにこそオススメしたい生き方なんです。
こころに余裕をもっておだやかに子育てしたいなら,ミニマリストは最適なんです。

 

  • 毎日予測不能なことが起きる育児は,時間に余裕があればそんなにイライラしません。
  • 時間があればこころがおだやかでいられます。
  • 時間を作るためには,無駄な家事をやめればいいんです。
  • 無駄な家事をやめるためには,もっと簡単にする仕組みづくりをすればいいんです。
  • モノは少ない方が掃除や洗濯が簡単になるんです。

 

毎日せかせかイライラしているなら,まずはモノを減らして部屋を片付けましょう。
ミニマルなスッキリとした暮らしに近づけていけばいくほど,暮らしはどんどんラクになっていきますから。

 

モノが捨てられなかった私が今,伝えたいことです。
ブログを通して,少しでも多くの悩める子育てママたちに届けたいと思います。

 

こんな記事を書いています。
気になる記事があればぜひ読んでみてください♩

 

今後とも「ミドリノ」を,どうぞよろしくお願いします(*’ω’*)

■twitterアカウントはこちら>>@midorino_happi