支出を減らしたい

毎月のやりくり費は夫から現金でもらうスタイル【我が家の銀行口座管理】

やりくり費の口座管理

我が家は「夫から一定額を毎月受け取り,それをやりくりする」というやり方で,家計管理を分担しています。

世間一般の(?)お小遣い制とはちょっと違うかもしれませんが,意外と私と同じようなスタイルのご家庭もあるみたいですね!

毎月受け取る一定額をラクにキッチリ管理する方法をこの記事でご紹介します。


やりくりしている項目

私がやりくりしているのはこちらの項目です。

  1. 食費
  2. 外食費
  3. レジャー費
  4. 子ども関係費
  5. 医療費
  6. 帰省費
  7. 保険代
  8. 幼稚園代
  9. 給食費

以上の項目をやりくりしていて,毎月いただいたお金を振り分けて管理しています。

 

ちなみに

夫のやりくり項目はこちら
  1. 住宅ローン
  2. 光熱費
  3. 通信費
  4. 車の維持費
  5. ガソリン代
  6. 子どもの習い事代

 

主に大きい支払いは夫で,日々の細々した出費は私です。

やりくり費の銀行口座の使い方

家計のお金は2つの口座で管理します。

銀行口座の基本的な管理のやり方はこの記事「銀行口座を整理したら貯金ができた!|管理する口座は2つだけでOK」で詳しく解説しています。

財布入りのアイキャッチ
銀行口座をシンプルに整理したら貯金ができた!|管理する口座は2つだけでOK私は,貯金ほぼゼロで結婚した女です。 当時持っていた銀行口座は6つ。お金がいろんな口座から出ていき,わけがわからない状態で...

このやり方の,我が家バージョンを説明していきます。

1つ目の口座|貯める口座

こちらは貯金用の口座です。

この口座のお金は教育費として貯める口座なので,お金を入金したら基本的には引き出しません。

児童手当

子どものお祝い金

臨時収入

やりくり費からの貯金

児童手当の入金口座でもあります。

例外として教育費を貯める目的の保険の引き落とし先にもこの口座を指定しています。児童手当分を保険にあてているからです。

その他に臨時収入やお祝いなどをいただいたらここに入金。そしてやりくり費から貯金分を毎月入金。

このやり方で少しずつお金がたまっていき保険分が引き落とされてはいますが100万円以上はためることができました。

2つ目の口座|使う口座

こちらは支払い専用の口座です。

基本的に普段の買い物はクレジットカードなので,引き落とし先をこの使う口座に指定しています。そのほかの支払いもすべてこの口座から。

夫から受け取ったお金を,現金管理分をとりわけたら貯める口座と使う口座にわけて入金します。

現金で受け取っているので毎月銀行に行くという手間が発生しますがそこは諦めて,貯める口座と使う口座どちらも同じ銀行にすることで二度手間をカット。

ミカ
ミカ
夫が転勤時代にはじめたやり方なので,全国どこにでもあるゆうちょ銀行にしました。

最低限,この口座の残高がマイナスにならないようやりくりするのが私の役目です。

おわりに|お金の流れをシンプルにすれば貯まる

私が実際にやりくりしているお金の口座管理はこのような感じです。

2つの口座の管理しながらお金を貯めていますが,管理のやり方がシンプルなのでためる口座にはお金が勝手にたまっていきます。

お金を貯める仕組みとしては最強にシンプルなやり方だと思います。

貯めるのが苦手だという方は,口座をわけることでお金の流れが把握しやすくなるのでこのやり方を参考にしてもらえたらと思います。

そして,ある程度お金を貯めることができたら,今度はお金に働いてもらいお金を増やすという手段も視野にいれるといいと思います。投資はだいぶハードルが下がりお金持ちのものではなく,誰でもできるものとして広まってきていますしね。

created by Rinker
¥1,100
(2019/11/21 13:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

ミカ
ミカ
ちなみに自分用のお金は家計とは完全に別管理で,ネット銀行を利用しながら投資にまわしたりしてます。

お金に関する他の記事はこちら⇒お金をうまく管理して支出を減らす方法【記事一覧ページ】

ABOUT ME
ミカ
5歳と2歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らし,家事を効率化しまくったらお金と時間の無駄が減り,こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに自分の時間を作るためにできることを提案します。
ミドリノの新着情報はLINE@から

【ミドリノ】の更新情報を
お知らせするLINE@をはじめました。

ミドリノの新着記事を
いち早くチェックできるので
よかったら登録してくださいね!

⇒LINE@でミドリノの情報をチェックする