ラク家事・掃除

窓掃除は洗剤なしでも水だけで簡単キレイになる!窓掃除をラクにする必須アイテムはこれだ!

年末,寒いのに掃除をするなんて嫌!という私の大掃除は秋です。

秋晴れのあたたかい日に窓掃除をしました。

マイホームに引っ越してきてもうすぐ一年。

防犯用のシャッターがあるので,そんなによごれていないかな?と思いつつ,年に一回は必ずやろう!と決めていたので初めての窓掃除です。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

我が家の大窓は全部で10枚

1階のリビングに6枚,2階の寝室に4枚大きな窓があります。

一階は防犯のためのシャッター付きで,夜は必ずしめています。

二階は洗濯物を干すスペース程度のベランダがあり,シャッターはなし。

家の周りは住宅街ですが,すぐ近くに畑があったりして砂ぼこりが結構飛んできます。

スポンサーリンク

水だけ掃除に必要なアイテム

用意するものはこちらです。

  • いらないタオル数枚
  • スキージー(スクイージー)
  • マイクロファイバータオル(なくてもいい)

 

必須アイテムはこれ!

 

そう,スキージーです!(スクイージーともいう)

 

窓掃除をラクにする必須アイテムはスキージー!

 

リンク先のスキージーとは別ですが,私は今は無印のスキージーのスポンジ部分を外して使っています。
伸縮するアルミのポールをつけることができるので,窓の上のほうも届くんです。便利ですよー!

これがあれば洗剤を使わなくても,早く簡単にきれいになります!

スポンサーリンク

水だけ簡単掃除のやり方

やり方は本当に簡単です。

手順はこちらです。

  1. いらないタオルを水で濡らし,軽く絞ったら(結構びちょびちょでOK),上から窓を拭いていく。(私は一階の外側はホースのシャワーでぬらしました。)
  2. スキージーで上から下に向かって水をきる。
  3. 窓の下の方にたまった水をふき取る。

窓に水滴がどうしても残ってしまうようなら,マイクロファイバータオルでふき取ります。

私は,家の中側はスキージーを使わず,程よく濡らしたタオルで水拭きし,乾いたマイクロファイバーでふき取りました。

これだけであっという間にキレイになりますよ!

きれいに仕上げるコツ

キレイに仕上げるために気を付けたことは,

スキージーの端を使うたびに拭くことです。

端の方3分の1くらいを拭きながらすすめることで,ずらして拭いたときに水の筋が入ってしまうのを防ぎます。

これをやるだけで,からぶきいらず。

だからマイクロファイバータオルは,なくても大丈夫。
大変で面倒くさい窓掃除が本当に簡単に,あっという間に終わります。

かかった時間は?

私は今回1階の6枚だけ,サッシと網戸もやったので少し時間がかかりましたが,全部で1時間くらいでした。

外側をホースのシャワーで窓枠までびしょびしょにしてしまったので,そのふき取りに時間がかかりました。
でも夫も手伝ってくれたので助かりました^^

はっぴ
はっぴ
そう考えるとちゃんと水拭きしたほうがよさそうだけど,外からは窓の上の方が届かないんですよね~ 

(おまけ)網戸掃除のやり方

網戸掃除はクイックルワイパーであっという間に終わります。

 

たとえばこういうウエットシートを使います。

 

本体に装着して,網戸を上下左右にやさしくゴシゴシすればOK。

 

先に窓の内側をやり,次に外側をやるといいですよ。
外側を拭き終えたら,シートが茶色になってましたから。

はっぴ
はっぴ
汚れているように見えなくても結構汚れてるってことですよね…!

おわりに

ある程度定期的に掃除をしていれば,洗剤をつけなければ落ちないほどの汚れがつくことはないと思います。

今は様々な洗剤が売られていて,みんな買ってほしいために「汚れが驚くほどよく落ちる」なんて宣伝していますが,基本水だけである程度汚れは落ちるんです。

【窓掃除用の洗剤】なんて,専用のものは買う必要ありません。

私は万が一,洗剤が必要になったら,これを使います。

 

自分が使うモノは専用よりも,兼用できるものを選ぶようにすると,所有するモノが少なくて済むし,経済的にも節約になります。

簡単!水だけ窓掃除,ぜひお試しください♩

ABOUT ME
はっぴ
2人の子持ちミニマリスト主婦。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。
頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』