【スッキリ講座】

    やらないことリストを作って毎日無駄にしている時間を減らそう!【ステップ2】

    スッキリ暮らすを叶えるステップ2のアイキャッチ画像

    子どもがいてもスッキリ暮らしたい!を叶えるステップ1では,

    「理想の部屋・なりたい自分・やりたいこと」この3つを書き出して目標を明確にしよう!ということをお伝えしました。>>ミニマリストになりたい!スッキリ暮らせるようになりたいのはなぜ?まずはそこから考えよう【ステップ1】

    目標を決めることは,このステップを続けるためのモチベーションを維持するのに役立ちます。まだの方は目標を明確にしてからステップ2にすすんでくださいね!

     

    ステップ2では「やらないこと」を決めます。

    やることではなく,やらないこと。実はこれがとても大事です!やらないことを決めることで,知らないうちに無駄にしている時間を減らすことができます。

    この記事では,「やらないこと」を決めるときに大事なことを書いています。
    すっきり暮らすために意識すべき「やらないこと」の具体例も載せているので,よかったら参考にしてください。

    ではスタート~!


    時間を確保するために,やらないことを決める

    さて,まず大切なことをお伝えしますね。

    子育てしている人は特にそうだと思いますが,やらなければいけないことって勝手にどんどん増えていきますよね?笑

    突然ふりかかるやらなければいけないこと
    • 子どもが牛乳をこぼした。→拭く・掃除する・着替えさせる
    • 兄弟げんかしはじめた。→仲裁に入る
    • 危ない遊びしはじめた。→止める
    • お腹すいたって言ってくる。→ごはんやおやつを作る
    • 突然眠くなって泣き始める。→だっこしてあやす

    自分だけではコントロールすることが難しいのが子どもの機嫌と行動。日々予想外のことが起こるのは仕方のないことです。

    ミカ
    ミカ
    それが子育ての魅力でもあるよね!

    でも,こちらにもやりたいことがあります。

    やりたいことをやるための時間をなんとかして確保しないと,いつまでたっても現状は変わりません。

    そこで「やらないこと」を決めるのです。

    スッキリ暮らすために意識したい「やらないこと」

    ルーロでの掃除風景

    ステップ3から実践編に入るのですが,「モノを捨てる」という作業は時間がかかります。やらないことを決めて,モノや自分と向き合う作業時間を確保しましょう。

    では実際にやらないことを決めていきます。これもステップ1と同じように紙かスマホに書いておきましょう。

    【課題】

    • これからしばらくの間,自分が「やらないこと」を決める
    • 紙とペン,またはスマホを用意し,書き出す

    「やらないこと」を決めろと言われても,簡単には思いつかないかもしれませんね。
    では,スッキリ暮らすために意識したい「やらないこと」の具体例を挙げてみます。

    自分の時間を奪っているモノ・コト
    あとあと自分の負担になってくることは何か考えてみてください。

    自分に当てはまると思ったものはぜひ自分のリストに加えてください^^
    (今後追加していきます)

    やらないこと<生活編>

    • 空き時間にすぐスマホでネットサーフィン
    • ネット漫画を読む
    • 面白くないテレビを見続ける
    • ドラマはとりあえず全部録画する
    • 常にテレビをつけっぱなしにする
    • SNSで知らない人の暮らしと自分の暮らしを比べる
    • FBで知人の暮らしを眺める
    • 夜更かしをする
    • 愚痴ブログを読む
    • マイナス思考の人の発信を見る
    • マイナス思考の人と関わる
    ミカ
    ミカ
    あっという間に時間を奪うテレビとスマホは要注意!

    やらないこと<家事編>

    • 洗い物をあとまわしにする
    • 汚れたレンジをそのままにする
    • 排水溝にたまったごみを見ないふりする
    • 朝ごはん作りに時間をかける
    • アイロンがけ
    • 品数を多くする
    • 家の掃除で完璧を目指す

     

    食器洗い・掃除機をかける時間・洗濯を干す時間は家電に頼ってやらない,という選択もありますね。

    【参考記事】家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!

    家事を自動化するおすすめ家電3つ
    家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!毎日次から次へとやることが湧いてくる日々の家事。 特に子供がいると,きれいな部屋が一瞬で大惨事になりますよね。(笑) ...

    やらないこと<子育て編>

    • 感情で怒る
    • 手作りのおやつ・無添加にこだわる
    • 手作りが一番!と思いこむ
    • ケガの一つもさせちゃいけないと必要以上に過保護になる
    • 危ないことを先回りしてとめる
    • 子ども同士のいざこざを見て,すぐ止めに入る
    • 〇歳記念のフォトブックづくり
    • まだできないと決めつける
    • 兄弟を比較する
    • 友達と成長スピードを比較する
    • 「いい子」「悪い子」と決めつけない

     

    これは「理想の自分」と繋がってくることでもありますね。

    【参考記事】

    良い子・悪い子ってどんな子?ミニマリストになると子育てを楽しむ余裕を持てる。

    良い子・悪い子ってどんな子?ミニマリストになると子育てを楽しむ余裕を持てる。 幼児教育を学んできた私ですが,育児は学んだ通り上手くいくことばかりではありません。 長男との会話の中で,ふと感じたことがあ...

    意志が弱い人は人に宣言してみよう

    【課題】

    人に「やらないこと」を宣言する

    やらないことを決めたら,それを周りに言ってみることで続けるハードルが下がります。

    周りに言ってしまう方が,「言ったからにはやらなきゃ」という気持ちになるので,意志が弱い人にはおすすめです。

    私は,Twitterで「やらないこと」を公言してみました。

     

    このおかげで,守らなきゃ!という気持ちになったので,宣言するというのはかなりおすすめですよ。

    時間を作りたい人には「エッセンシャル思考」が役立つ

    エッセンシャル思考をご存知ですか?

    この記事でお伝えしている「やらないことを決める」という考え方は,「エッセンシャル思考」という本を元に書いたものです。

    やりたいことがあるのに時間がない,という人はおそらくやらなくてもいいことまで一生懸命やっている可能性があるのです。時間は1日24時間と決まっているので,やりたいことをやる時間は限られています。

    何を選択し,何をやめるのか。これをハッキリさせることは大切なんです。

     

    ミカ
    ミカ
    本を買わなくても満足してもらえるようなレビュー記事を今度書きます! 

    待てないという方はあらすじや購入者レビューを読むだけでも参考になりますよ!

    忙しい人はパッと読める漫画版がおすすめ
    created by Rinker
    ¥1,404
    (2019/01/20 20:40:53時点 Amazon調べ-詳細)

    まとめ:やらないことを決めて作業時間を確保しよう

    ステップ2はここまで!この記事でやることはこちらです。

    【ステップ2でやること】

    1. やらないことを決める
    2. 紙かスマホに書き出す
    3. 人に宣言する
    4. エッセンシャル思考を学ぶ(レビュー記事待ってて!)

    やらないことを決めるのは,まず作業する時間を確保するため。

    今は,その確保した時間を使ってスッキリ暮らすための作業をしますが,その作業を進めていくうちにどんどん部屋や思考がスッキリしていき,さらに自由な時間が増えるはずです。

    ステップ1で決めた「やりたいこと」はそのときにやりましょうね!>>ミニマリストになりたい!スッキリ暮らせるようになりたいのはなぜ?まずはそこから考えよう【ステップ1】

     

    ステップ2で「やらないこと」を決めたら,次のステップ3へすすんでくださいね!いよいよ実践編!ゴミ袋を用意してレッツゴー!

    ステップ3はこちら>>ミニマリストにあこがれるけどモノが捨てられない?【捨てる】は技術!誰でも捨てられるようになる!【ステップ3】

     

    スッキリ講座記事一覧はこちら>>子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ。

    スッキリ講座まとめ記事アイキャッチ
    子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ ▼子どもがいてもスッキリ暮らせるようになりたい。 ▼モノにあふれた今の暮らしを変えたい。 ▼もっと好きなことをする時間がほしい ...

     

    ABOUT ME
    ミカ
    4歳と1歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。