スッキリ講座

    人間関係の悩みをスッキリさせる!「まあいっか」と思える心の余白を増やそう【ステップ15】

    スッキリ講座15

    この記事は「子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ」の15番目のステップです。

    前回のステップ14は,捨てにくい思い出の管理方法についてでしたね。>>思い出の品や写真が断捨離できない人へ!スッキリ管理できるようになるルールとは【ステップ14】

     

    さて,次のステップの内容は「人間関係をスッキリさせる」です。

    今,誰かとの関係に悩んでいたりしませんか?もし悩んでいることがあるなら,その問題をスッキリさせちゃいましょう!

    ミカ
    ミカ
    私は結構いろんなことに悩んできたけど,今では悩みほぼゼロ!結局は自分次第なところもあるよ!

     

    職場の上司,同僚,両親,義両親,友人…想像するだけでもいろんな問題がうかんできます。子どもがいるとおこりがちなのがママ友問題ですかね。

    ミカ
    ミカ
    子どもが絡むと一気に複雑化しますよね

    正直なところ,問題は起こる前に回避するのが一番ラクだと思っています。悩みが大きくなる前に逃げるんです。

    そんなこと言われても起こってしまったら仕方がないですよね。この記事では,誰かのことで悩みがあるけどどうにもできずモヤモヤしている…そんなあなたの心をほんの少しスッキリさせるためのヒントを書いていきます。

    人間関係に悩みなし!という人は飛ばして次のステップに進んでくださいね。>>次回予告【ステップ16:お金関係をスッキリさせる】

     

    でははじめます!


    悩みをはっきりさせよう!

    まずは,誰とのどんなことに悩んでいるのか,ハッキリさせるために書きだしてみましょう。

    ミカ
    ミカ
    私は上司からのスキンシップが嫌だけど断りづらく,笑って流していたらそれが日常になってしまい悩んだことがあります。(リアルな経験談)

    こんなふうに,誰とのどんなことに悩んでいるのかハッキリさせたら,どうやって解決していくかを考えます。

    悩みを解決するためにできることは何だろう?

    人間関係の悩みを解決するためにはどんなことができるでしょう?

    考えられる行動パターンを4つあげてみます。

    1. 相手にハッキリ言う,話し合う
    2. 相手と距離を置く
    3. 誰かを頼る
    4. 相手との関係を断つ

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ①相手にハッキリ言う,話し合う

    悩みを解決したいなら,1人でモヤモヤしてないで問題の相手と話し合い自分の意見をハッキリ伝える!これが一番手っ取り早いですね。

    思ったことをはっきりつたえてみましょう。実は相手はそこまで気にしていなかった,指摘されて初めて気づいた,なんてこともあります。

    言い方に気を付ける必要はありますが,相手との関係をモヤモヤしたまま続けていくよりは,思ったことをきちんと伝えたほうがいい場合もあります。

    もっと相手といい関係を築ける可能性があるし,問題が早く解決するかもしれません。

    ミカ
    ミカ
    昔はできなかったけど,今ならできる気がする

    ハッキリ言えない性格の人は,自分を思い切って変えてみる!か,別の方法を↓

    ②相手と距離を置く

    もしかするとうまくいかなくなったのは,相手との距離が近くなりすぎたのが原因だったということもあり得ます。

    ほどよく付き合えばいい相手でも,内面を知れば知るほどなんだか合わないような気がしてきた…なんて話はよくある話です。

    相手との距離感を間違えるとうまくいくものが突然うまくいかなくなったりします。

    ミカ
    ミカ
    私はこれをよく失敗してたので、相手との距離感はすごく気を付けるようにしてます。
    • 相手が嫌がることはしない。
    • 自分の話ばかりしない。
    • 相手の話を目を見てよく聞く。相槌をうつ。
    • 急に距離を詰めようとしすぎない。

    相手をよく見て,このあたりを気を付けるようにすると程よい関係を築いていけます。合う人とは頑張らなくても自然と距離は縮まるものです。

    いったん相手を避ける,というのは言い方が悪いですが,距離を置いてみて関わり方を修正していきましょう。

    ③誰かを頼る

    自分でどうしても問題が解決できない場合は,誰かを頼ってもいいと思います。仲裁にはいってもらったり,言いにくいことを代わりに言ってもらったり。

    第三者が間に入ってくれた方がうまく解決できる場合もあるのでそこはうまく頼ってみましょう。

    ミカ
    ミカ
    過去のスキンシップ問題は,この方法で解決しました。当時は自分の意見をハッキリ言えなかったので職場の先輩が話をしてくれました。とても感謝しています。

    信頼できる人を頼る。そんな解決方法もありますよね。

    ④その人との関係を断つ

    人は合う合わない,好き嫌いがあるのは当然のことなので,悩んでいるくらいならきっぱり相手との関係を断捨離してしまうというのはとても効果的です。

    関係をよくしていこうと努力することも大切なことですが,どう頑張ってもダメな時もあります。

    そのときはいさぎよく諦めましょう。無理なものは無理。ダメなものはダメ。自分が我慢するくらいならその人との関係は断捨離してしまったほうが,スッキリするはずです。

    もしそれがママ友だとしたら,付き合わないようにする方法はいくらでもあるはず。用事を作って井戸端会議に参加しない。予定をずらす。仕事を頑張る。賃貸なら引っ越す。幼稚園を転園する。それができなくて心が病むくらいなら必要経費だと思いませんか?

    たまにこういう人がいます。

    子どもたちが仲がいいから関係を切るのは無理…子どもがいじめられたら困る…

    これね。子どもには子供の世界があって,親には親の世界があります。親たちの関係を子供にも押し付けるような親ならそれまでのこと。子どもたちは子供たちの世界で関係を作ってもらいましょう。

    おわりに|人と関わらずに生きていくのは不可能。悩みはつきない。じゃあどうする?

    普通に生きていれば誰とも一切かかわらずに暮らすというのは不可能です。

    人はみんなそれぞれ「感情」を持っているので,合う合わないはもちろん,好き嫌いがあって当然だからこそ人間関係の悩みがうまれてしまうんです。

    心をスッキリさせたいなら,今かかえている悩みはできるだけ取り除いてあげましょう。

    しかし悩みは次から次へと出てくるものです。いちいち悩んでいたら疲れます。
    ちょっとしたことくらいは「まあいっか。」と思えるくらい,心に余裕を持てるようになるといいですね。

    心の余白はふやせます。

    周りが気になって仕方ない,うらやましい,自分の思い通りに物事がすすまないと気が済まない!そんな小さい心の持ち主だった私が,あらゆることを「まあいっか。」と思えるようになったのはこのスッキリしたミニマリスト暮らしを始めたからです。

    モノを減らして部屋がスッキリすると,心もスッキリして小さいことで悩まなくなるんです。すごい効果だと思いませんか?

    大きい悩みは頑張って解決!小さい悩みは「まあいっか!」問題は起こる前に逃げる!

    暮らしに余白を作って,心の余白をどんどん増やしていきましょう!

    余白を増やすためにできることは,暮らしをスッキリさせること!参考にしたいブロガーさん,インスタグラマーさんを見つける,このスッキリ講座を読み返す,繰り返しチャレンジするのもおすすめですよ!

    まとめ記事はこちら>>子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ。

    スッキリ講座まとめ記事アイキャッチ
    子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ ▼子どもがいてもスッキリ暮らせるようになりたい。 ▼モノにあふれた今の暮らしを変えたい。 ▼もっと好きなことをする時間がほしい ...

     

    ステップ15はこれでおしまいです。

    続きのステップ16はこちらです>>片付けられない夫と子どもが片付けられるようになるための手順やポイントを紹介【ステップ16】

    スッキリ講座16
    片付けられない夫と子どもが片付けられるようになるための手順やポイントを紹介【ステップ16】この記事は「子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ」の16番目のステップです。 前回のステップ15は,捨てにくい人...

     

    スッキリ講座記事一覧はこちら>>子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ。

    やってみた!という方はTwitterやInstagramで声をかけていただけると記事更新の励みになります!また,「これはどうしたらいい?」など質問があればなんでもどうぞ!気軽に声かけてください^^!

    >>ミカのTwitterはこちら
    >>ミカのInstagramはこちら

     

    ABOUT ME
    ミカ
    5歳と2歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らし,家事を効率化しまくったらお金と時間の無駄が減り,こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに自分の時間を作るためにできることを提案します。