習慣づくり

掃除を習慣にする具体的なやり方を教えます!【STEP12】

スッキリ講座12

この記事は「子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ」の12番目のステップです。

 

前回のステップ11では

トイレを掃除のモチベーションが続く空間にする方法をお伝えしました。>>トイレは浮かせる収納で床置きしない!掃除のハードルをとことん下げる工夫を!【STEP11】

ステップ5から11まで各部屋ごとにモノと向き合ってもらいましたが,ここまでクリアしたあなたはすごいですよ♡モノはどのくらい減りましたか?

まずは減らすことが最優先ですからね。ここまでお疲れさまでした!!

 

さて,ちょっとだけ振り返ります。
ステップ4(>>あえて収納を減らして,あふれたモノを捨てよう!)の課題で,すてたい収納グッズを3つピックアップしましたね?

その3つのうちどれかは捨てることができましたか?

ここまでで全部捨てたあなたはすばらしい!!
2つ捨てたあなたもよく頑張りました!!
1つ捨てたあなたもえらいっ!!

まだ1つも捨てることができていないあなたは,ここでもう一度練習しときましょう!ゴミ袋を持って,タイマーを15分にセット。よーいどん!

15分で27個捨てるチャレンジ!捨てる技術が身につく本を実体験付きでご紹介します!私は本が好きで,なんでも影響を受けやすい性格です。 読んだ本にはもれなく影響をうけ,実践するようにできているので,今回も読んだ本を...

そしてステップ3をもう一度読んでくださいね!>>ミニマリストにあこがれるけどモノが捨てられない?【捨てる】は技術!誰でも捨てられるようになる!【STEP3】

あせらず一歩ずつ!がんばりましょう(*’ω’*)

 

ではステップ12の内容にうつります!

 

次は,掃除の習慣作りです。

私がこの講座で,まずはモノを減らしましょう!と言っているのは,部屋をスッキリさせるためですが,掃除をしやすくするためでもあります。

簡単にすぐにできるようになるわけではないけど,やり方を覚えれば誰でもできるようになります。

 

この記事では,掃除の習慣の作り方を具体的に説明します。今日からすぐにできるので明日からと言わず読んだらすぐに実践してくださいね。

ではいきましょ~!


掃除の習慣作りをはじめよう

掃除を習慣にするための大事なポイントは毎日やることです。

習慣を身につける方法
【レビュー】ぼくたちは習慣でできているを読んで学んだ,習慣を身につける方法をまとめました。 ミニマリストみたいに最小限までモノを減らすことはできないけど,スッキリ暮らしたい!シンプルライフに憧れる!と思っているあなた。 ...

 

掃除嫌いな人が,掃除を習慣にするのは簡単なことではありません。
でも絶対にできるので安心してくださいね!

詳しくやり方を説明するのでその通りにやってみてください。

1.毎日やる掃除をひとつ決める

まず毎日できそうな掃除をひとつ決めましょう。掃除のハードルはとことん下げてください。バカバカしいくらい下げてください。

「トイレ掃除」とかざっくりしたモノではだめです。きっと明日はやらないです。

具体的に「朝トイレに入ったらトイレットペーパーで,ホルダーを拭く」とかそのくらい簡単なレベルの掃除を考えてください。

いつ,どこを,何で,どんな風に掃除するのか決めてくださいね。

思いつかない人はこの記事の後半にハードルが低い掃除場所の例を載せているので参考にしてください。

2.決めたひとつの掃除を3日続ける

次に,毎日やると決めた掃除をまずは3日間続けてください。

毎日家の隅から隅まで掃除機をかけるのは無理でも,ハードルをとことん下げて,どこかを拭くくらいならできるような気がしませんか?

3日間に設定したのは,1週間苦手なことを続けるって,意外と難しく感じるからです。

ミカ
ミカ
3日ならきっとできます! 

3.3日続いたら,もうひとつやることを増やしてみる

3日間続けることができたらそれはもう自信を持ってください!嫌いなことを3日間続けることができるのはすばらしいことです!

 

それができたら,もう一か所毎日掃除できそうな場所を考えてください。こちらもハードルはめちゃくちゃ低くてOKです!

 

ひとつめが3日続いたわけですから,あと4日なら絶対頑張れます!

一日休んだら3日間頑張った努力がパアです。
掃除をやらない理由を探さないでくださいね。(風邪っぽい…とかね)

ミカ
ミカ
もし風邪をひいていてもできるくらいのハードルの低さにしましょう!

4.2か所の掃除が1週間続いたら次の週のことを決める

自分でものすごくハードルを下げて,やると決めた毎日の掃除を一週間つづけることができたら次の一週間をどうするか選んでください

  1. もう一か所掃除場所を増やしてみる
  2. 最初に決めた二ヵ所の掃除をもう一週間続けてみる

 

掃除を毎日やることが思ったより面倒だと感じるなら,そのまま2か所をもう1週間続けてみてください。

頑張れそうならもう一か所増やして3か所の掃除を一週間続けてみましょう。

5.掃除場所を増やしていく

まずは自分で決めたふたつの掃除場所の掃除を毎日続けることが大切です。

1週間続けば,頭と体は毎日やったことを多少は記憶しているので続けるのがどんどんラクになっていきます。体が無意識に動くようになったらその掃除がしっかり習慣になったということです。

 

3日,4日という短いスパンで区切りながら少しずつでいいので掃除場所を増やしていってください。

焦りは禁物です。急にハードルを上げてしまうと転びますからね。

ミカ
ミカ
これで習慣が身につくよ!長い目で見ていこう!

ハードルの低い掃除場所の例

毎日掃除する場所を決めよう!と言われても,どこにしよう…と迷ってしまいますよね。

私がこのくらいなら最初のハードルとしてちょうどいいんじゃないかと思う場所をいくつか挙げてみるので,思い浮かばない人はこの中から選んでみてくださいね

  • 朝トイレに入ったらトイレットペーパーホルダーを拭く←おすすめ
  • 顔を洗ったついでに蛇口を水で洗いタオルで拭く
  • パソコンに座ったらやるまえにキーボードを拭く
  • 寝る前にテレビの上の誇りを拭く
  • 寝る前にダイニングテーブルの上を拭く
  • 洗濯し終えたら洗濯機のゴミポケットを洗う
  • 食器を洗ったついでに蛇口を洗う

 

「拭く」というアクションばかりですが,ティッシュでもタオルでもトイレットペーパーでも何でも大丈夫。

大事なのは,汚れていなくても拭くという動作をすることです。

 

汚れていなくても拭く動作をしないと,次の日からやる気が大暴落し結局そこでやらなくなり振り出しに戻ります。

汚れる前に拭くのは,汚れないように予防してるんだということをお忘れなく!

おわりに

ステップ12は,「掃除の習慣を身につけよう」という内容でした。

掃除の習慣作りのステップをまとめます。

  1. 毎日やることをひとつきめる
  2. 1で決めたひとつの掃除を3日続ける
  3. 3日続いたら,もうひとつやることを増やしてみる。
  4. 2ヵ所の掃除を1週間つづけることができたらクリア
  5. そのまま2か所の掃除をもう1週間続ける
  6. 体が勝手に動くようになったらもうひとつ掃除場所をふやしてみる

 

掃除を習慣化するためには,「このくらいならできそう!」と前向きな気持ちで取り組むといいですよ。

掃除は大嫌いなので,やりはじめるまでが億劫です。
習慣化さえできてしまえば,体がかってに動くので無理やりやる気を絞り出す必要もありません。

この記事のやり方でぜひ頑張ってみてください!

 

続きのステップ13は情報の断捨離です。
情報はものすごくたくさんあるので,自分でうまく選択していかないと頭の中もスマホの中もパンクしてしまいます。

情報を断捨離してあなたが得られるものは時間です。次も頑張って~!
次の記事はこちら>>情報の断捨離で自分の時間を増やそう!【STEP13】

 

スッキリ講座記事一覧はこちら>>子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ。

やってみた!という方はTwitterやInstagramで声をかけていただけると記事更新の励みになります!また,「これはどうしたらいい?」など質問があればなんでもどうぞ!気軽に声かけてください^^!

>>ミカのTwitterはこちら
>>ミカのInstagramはこちら

 

 

 

ABOUT ME
ミカ
4歳と1歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。