ステップ1ー5

ミニマリストになりたい!スッキリ暮らせるようになりたいのはなぜ?まずは目標を決めよう【ステップ1】

スッキリステップ1のアイキャッチ画像
シンプルライフやミニマリストの暮らしに憧れるけど,子供がいるのにどうやったらスッキリ暮らせるようになるのかわからない!

そんな人に向けて,子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップを書くことにしました。

この記事は最初のステップ1です。ステップ20まですべてクリアすると,自分の部屋や頭の中が今より確実にスッキリします!

 

まず用意するのはペンと紙!お手軽に済ませたい方はスマホのメモでもかまいません!

【準備】

ペンと紙,もしくはスマホを近くに置いておく。

このステップで考えてもらうことは3つです。

  1. 理想の部屋
  2. 理想の自分
  3. やりたいこと

この記事では,この目標3つの決め方と具体例を載せています。

参考にしながら考えてみてください。

では,スタート~!!


【1】理想の部屋はどんな部屋か考えよう

リビングに絵本棚

最初に考えるのは「理想の部屋」です。

人によってスッキリのレベルは違うので,まずは部屋をどのレベルにしたいのか考えてみましょう。

理想の部屋レベル
  1. レベル1:【暮らすには問題ないレベル】
    ⇒モノは多め。歩くスペースは確保してある状態。
  2. レベル2:【最低限の家事がしやすいレベル】
    ⇒モノは多め。床にモノを置かず片付いている印象を受ける状態。
  3. レベル3:【家族みんなが間違いなく快適に暮らせるレベル
    ⇒モノは少なめ。モノの定位置が決まっていて探し物をしなくてすむ状態。
  4. レベル4:【THEミニマリストな部屋レベル】
    ⇒モノは少なめ。持ち物はすべて究極のお気に入りだけに厳選した状態。

どのレベルの部屋にしたいかによって,具体的に理想の部屋がどんな状態で,どういうメリットがあるのか見えてきます。

具体的な理想の例

【レベル1】暮らすには問題ないレベル

  • 普通に暮らしていくには問題ない
  • モノを踏まずに歩くスペースは確保してある
  • 多少床にモノがあっても自分なりに整えている
  • 引き出しからモノがあふれていない
  • あきらかなごみはきちんと捨ててある

⇒今住んでいる部屋がモノで溢れかえっている人がまず目指したいレベル

【レベル2】最低限の家事がしやすいレベル

  • 床に雑誌などを積まない
  • 机の上,棚の上,引き出しにモノをしまっている
  • 床に置きがちなカバンなどを置くスペースがある
  • 掃除がすぐおわる
  • 掃除のたびにモノをどかさなくてすむ
  • 来客にきちんと片付けしている印象を与える

⇒もっと部屋を暮らしやすくしたい!と思ったら目指したいレベル

【レベル3】家族みんなが間違いなく快適に暮らせるレベル

  • モノの定位置がすべて決まっている。
  • 無駄な動きは最小限で,ラクに家事ができる。
  • モノを使ったら片付ける場所がわかる
  • 家族に「あれどこ?」と聞かれない。
  • 子どもがおもちゃを自分で片付けられる。
  • ママがストレスフリー

⇒ミニマリストのようにスッキリ暮らしたい人が目指したいレベル

【レベル4】THEミニマリストな部屋レベル

  • 無駄な動きは最小限で,ラクに家事ができる。
  • 自分の「好き」「嫌い」がはっきりわかっている。
  • 嫌いなものや妥協したものは家に一切ない。
  • お気に入りのモノだけに囲まれていて満足度がとても高い

⇒ミニマリストになりたい人が目指したいレベル

【その他】こんな理想もアリ

  • 友達や親が突然遊びに来ても慌てない。
  • いい香りがする。
  • 夫が仕事から帰ってきてホッとする。
  • ママの怒った声じゃなくて子供の笑い声が聞こえてくる。

 

あなたがどの程度スッキリ暮らしたいのかによって,目指すべき理想の部屋は違ってきます。まずはどのレベルになりたいかを考えます。

それを決めたら,次は今の自分の部屋を見渡してみて,どんな部屋にしていかないといけないのか。考えてみましょう。

ミカ
ミカ
私はレベル3を目指してます。

【2】どんな自分になりたいか考えよう

次は,今よりもスッキリした理想の部屋に住んでいるあなたが,どんな自分でありたいか考えてみてください。

むずかしければ,なんとなく想像するだけでも大丈夫です。

不思議なことに部屋がスッキリすると,頭の中もスッキリして自分自身も変わることができます。

これは心理学でもよく言われていることで,部屋は心と深くつながっているんです。

部屋を変化させると,自分の心も変化するというのは,私が自分で実証済みです。

モノを減らしたことで自分が変わることができた話はこちら⇒ブログを書いている理由

 

もしどんな自分になりたいか想像できなければ,ここは飛ばしてもかまいません。
先にどんどん部屋を変えていきましょう!自然と自分も変わることができます!(*´ω`*)

なりたい自分の具体例
  • イライラせず穏やかに話せるようになる
  • 子供と時間をかけて向き合える
  • 自分に自信が持てるようになる
  • 自分の考え・信念をしっかりもち,人に流されない。
  • 夫に優しくできる
  • いやなことがあってもポジティブ変換できるようになる

【3】やりたいことを考えよう

部屋がスッキリすると、今まで片付けや家事に使っていた時間が短縮され、その時間がまるごと自分のために使えるようになります。

子育て中の自分時間は,とても貴重なものです。
その時間を使って「やりたいこと」は,なにかありますか?

新しいことにチャレンジしてみてもいいし,今まで子どもに手がかかるからと諦めていた趣味に手をかけてもいいかもしれません。

自分の時間さえあれば,工夫次第でいろんなことができるんです。

あなたがやりたいこと,やっていて幸せに感じることは何ですか?

私が想像するやりたいことの具体例
  • 家仕事をもっと丁寧にやってみる
  • 自家製〇〇を作ってみる
  • のんびりコーヒーを飲む
  • 本を読む
  • ハンドメイドなど趣味の時間にする
  • 友達を家に呼ぶ
  • 家で映画をみる
  • 夫と会話をしながらのんびり過ごす
  • 副業をはじめてみる
  • 憧れの人に会いに行く
  • スポーツを始めてみる

個人的に,時間ができた子育て中の主婦のみなさんにオススメなのは,消費活動を生産活動に変えることです。

気ままにネットサーフィンしていたのを,発信するほうにまわってみるとか
ネットショッピングの時間をハンドメイドの時間にあてて売る側にまわってみるとか。

モノを手放す過程をSNSで発信するのは特におすすめです。
共感してくれたり,応援してくれる人が出てきたりしますから^^

やりたいことは,やってみてから見つかることもありますよ^^

なぜ目標を決めるところからスタートするの?

スッキリした暮らしにあこがれて,とりあえずモノを捨ててみてるんだけど,なんか変わった気がしない

これはまさに,昔の私みたいですね。

ほんのちょっとの変化だと,せっかく頑張っても変化を実感しづらいんです。

成果を実感するためには,目標に近づいている!と感じることが必要です。

だからまず最初に「理想の部屋」「理想の自分」「やりたいこと」という目標(ゴール)を決めるんです。

ただやみくもに長距離を走り続けるマラソンよりも,少し先に見えているゴールを目指して走る短距離のほうが,頑張るモチベーションを保つのはラクに感じませんか?

 

誰もが長距離を高いモチベーションを保ったまま走り続けられるわけじゃありません。
ちいさなゴールを何回も達成することで大きな目標を達成しましょう!

まとめ|目標を明確にするのは継続するために大事なこと!

理想の部屋に存在する自分がどんな人間でいたいのか,どんなことをやりたいか,考えてみましたか?

目標(ゴール)に向かってこれから走っていきましょう!

【ステップ1でやること】

  1. 理想の部屋を決める
  2. その部屋に住んでいる自分がどんな自分でいたいか考える
  3. やりたいことを決める
  4. 1~3を紙に書きよく見える場所に貼る。または,スマホにメモしていつでも見られるホーム画面に追加する。

 

これができたら,次へすすんでくださいね!
ステップ1と2で頭の中を整えてステップ3から実践編です。ファイト~!

次のステップ2こちら⇒やらないことリストを作って毎日無駄にしている時間を減らそう!【ステップ2】

スッキリ講座記事一覧はこちら⇒子持ちミニマリストが提案【子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ】

スッキリ講座まとめ記事アイキャッチ
子持ちミニマリストが提案【子どもがいてもスッキリ暮らせるようになる20のステップ】ミニマリストの暮らしに憧れていた頃の私はこんなことを思っていました。 子どもがいてもスッキリ暮らしたい モノにあふれ...
ABOUT ME
ミカ
5歳と2歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らし,家事を効率化しまくったらお金と時間の無駄が減り,こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに自分の時間を作るためにできることを提案します。
ミドリノの新着情報はLINE@から

【ミドリノ】の更新情報を
お知らせするLINE@をはじめました。

ミドリノの新着記事を
いち早くチェックできるので
よかったら登録してくださいね!

⇒LINE@でミドリノの情報をチェックする