簡単に片づく部屋にしたい

    絵本好きな子供にしたいなら収納を変えるべし!

    絵本が好きな子供にするためには,小さい頃からパパやママがたくさん本を読んであげることが大切とよく聞きますが,収納方法については考えてみたことありますか?

    うちは絵本の収納を変えたら,子供が絵本に興味を持つ頻度がグッと上がりました。

    私が意識したのはこの2点だけです。

    • 表紙を見せる収納に変える
    • 子どもの手が届く場所に置く

    たったこれだけでも,私の子供には効果がありました!

    絵本が好きな子供にするためには,ただ絵本を置いておくだけではだめなのです。
    パパやママがほんの少し工夫するだけで子供の行動は変わるんだよ!ということを,この記事でお話ししたいと思います。
    記事の後半では,おすすめ本棚もご紹介します!

    ミカ
    ミカ
    私は1歳と4歳の子供を持つママなので,同じようなちいさいお子さんがいる方にむけて書いています。

    絵本の表紙を見せる収納にする

    現在のうちの本棚はこんな感じで,表紙を見せる収納にしています。
    持っている絵本の中でもお気に入りや,読んでほしいなと思う本をちょこちょこ置き換えています。

     

    子どもが絵本を破るブームだったときは,仕方なく絵本を棚の上の方に避難させていましたが,普段からこんなふうに背表紙が見えるように収納している人いませんか?

    絵本の収納だけは「スッキリ」「キッチリ」は厳禁です。

    なぜなら,スッキリそろえて片付けてある本に子供は興味をそそられないからです。

    子供には背表紙しか見えません。
    表紙の絵を見て「この絵本を読んでみたい」という欲求で手に取ってみるという行動が大事なんです。

    また,キッチリ収納してしまうと,子供は取り出しにくいです。
    背表紙を見せる収納にしている方はぜひ,子供の手がスッと入るくらいの余白を作ってあげてください。

    絵本は子供の手がすぐ届く場所に置く

    意識している人は多いと思いますが,意外と出来ていないことが多いのが「子供の手がすぐ届く場所に置く」ということ。

    例えば,この商品を見てください。

    よく見かける本棚ですね。おしゃれだし,とても可愛くて部屋に置きたくなりますね。
    でもよく考えてみてください。
    せっかく表紙が見えている本が上の方にあります。

    子供に興味を持ってほしいのは絵本です。
    この収納だと1歳の子は,まず先におもちゃに目が行きますよね。

    おもちゃはどんな収納にしていたとしても,子供はおもちゃが好きなので勝手に遊びます。
    でも絵本は楽しさを教えてあげないと,勝手に好きにはならないのです。

    ミカ
    ミカ
    こういうタイプの本棚を使っている人がいたらスミマセン。少し年齢が高くなればこのタイプでもOKですよ。おもちゃとは別が理想です!

    子どもが「あ,読んでみたい」と思ったときにサッと手に取れることが大切なんです。
    子どもの興味はどんどん他へうつってしまうので,取り出しにくい場所にあるだけで,絵本に触れる機会を損失しているんです。

    だから,子供の手がすぐ届く場所に置いておくというのは重要なんですよ~!

    子供の目線は上より下

    ひとつ覚えておいてほしいことがあります。

    それは,子供は上にあるものより先に,下にあるものに目がいくということです。

    実はこれは,子供だけではなく大人も同じなんです。
    整理収納の講義で学んだのですが,収納は目線の高さ⇒目線より下⇒目線寄り上の順に使いやすいと認識されるんです。

    子供もその順に興味を持ちます。
    つまり,上の方に絵本を置いてしまうと,子供が興味を持ちにくくなるというわけです。

    ハイハイする時期の子供なら床から30cmくらいの高さまで。
    つかまり立ちするころなら床から80㎝くらいの高さまでの場所に絵本を置いておくと子供の視界に入りやすくなり,興味を持つ時間が増えますよ!

    おすすめはこういう本棚です

    子供の年齢にもよりますが,うちの子供は4歳と1歳なので今選ぶとしたらこんなタイプの本棚を選びます。

    ▼シンプル&表紙が見える&子供目線のロータイプ!

    これはロングタイプの商品ですが,もっとコンパクトなサイズもあります。
    シンプルでめちゃくちゃかわいいですね!

    私が今もし買うとしたらこれを買います!!
    部屋になじみそうです。ペイントして色を変えてもよさそうです。

     

    ▼子どもが小さいうちだけ使うと割り切るならこれ。

     

    手持ちの絵本が少ない人は,こういう感じのものを選びましょう。
    これなら絵本の表紙が見えるし子供の手が届きます。
    しかもこれ素材が段ボールなんです!!

    もし使わなくなったら捨てるのが簡単。
    本棚って正直,子供が大きくなったら不要になりませんか?
    割り切って,こういうタイプを使うのもいいですよ。

     

    ▼ちなみに,私がDIYした本棚はこちら

    DIYした絵本棚

    DIY初心者なのでこんなのしか作れませんでしたが,わりと気に入ってます(*´ω`*)
    下の段には1歳の娘の本を置き,上の段には4歳のむすこの本を置いています。

    子どもが大きくなったら木材をバラして何か作ろうかなと思ってます。

    まとめ

    ではまとめます。絵本が好きな子供にするには

    • 絵本の表紙を見せる収納に変える
    • 子どもの手がすぐ届く場所に置く

    これが大切です!!ぜひ試してみてください^^!

    私は自分の子供には小さいうちから,絵本に少しでも多く触れてほしいを思っていたので,いろいろ試してきました。
    なにもわかっていない頃から読み聞かせをしてみたり。(まったく興味なしでしたが笑)

    絵本の収納をちょっと意識するだけで,子供が絵本に触れたり興味を持つ時間が少しでも増えるなら,試してみたいと思ったのがきっかけで本棚を作ってみたんです。

    その結果,1歳のむすめが絵本を手に取ることがあきらかに増えたんです。
    他のおもちゃよりも絵本を目立たせるといいのかもしれません。

    もちろん収納だけでなく,ひざの上にのせて本を読んであげたり,寝る前に1冊絵本を読む習慣をつけたりするなど,パパやママが絵本っておもしろいんだよ~と教えてあげることも忘れないでくださいね♩

    絵本が好きな子供が増えることを願っています(*´ω`*)

    ミカ
    ミカ
    ミニマリストなので所有する絵本は最小限。2週間に1度図書館で10冊くらい絵本まとめ借りしてますよ。