収納のやり方・実例

    絵本好きな子供にしたいなら収納を変えるべし!

    絵本が好きな子供にするためには,小さい頃から本をたくさん読んであげることが大切!

    という話はよく聞きますが,絵本の収納方法について考えてみたことありますか?

    絵本の収納を変えたら,子供が絵本に興味を持つ頻度がグッと上がったので,この記事で収納方法をご紹介します。


    子どもが絵本に興味を持ちやすい収納方法

    私が意識したのはこの2点です。

    • 絵本の表紙を見せる
    • 子どもの手が届く場所に置く

    たったこれだけで私の子供の行動が変わりました。

    では詳しく説明します!

    絵本の表紙を見せる収納にする

    絵本の表紙を見せる収納にする目的は,「子どもが絵本に興味を持つ機会を増やすため」です。

    カラフルな表紙は子供の目にとまります。

    逆に背表紙を見せる収納だとどうでしょう

    絵本を破るブームのとき,避難させた絵本たち(笑)

     

    表紙よりも目にとまる色が少ないので,子どもの興味は半減します。

     

    「何して遊ぼうかな,あ,まず絵本でも読もっかな」

    このくらい身近な存在にしてあげることが大切です。

     

    収納スペースの関係で背表紙を見せる収納にせざるをえない方は,子供の手がスッと入るくらいの余白を作ってあげてくださいね。

    きっちり収納してしまうと取り出しにくいからです。

    絵本は子供の手がすぐ届く場所に置く

    次に大切なのが,子供の手がすぐ届く場所に置くということ。

    目的は,子どもが「絵本でも読もっかな」と思ったときにワンステップで手に取れるようにするためです。

    絵本以外を収納するときでも言えることですが,取り出しにくいと手に取る機会が減ります。

     

    おもちゃはどんな収納にしていたとしても,子供はおもちゃが好きなので勝手に遊びます。

    でも絵本は楽しさを教えてあげないと,勝手に好きにはなりません。

    子どもの興味はどんどん他へうつってしまうので,取り出しにくい場所にあるだけで絵本に触れる機会を損失します。

    絵本が一番目に入りやすく取り出しやすいところにおいてあげましょう!

    子どもの目線は上より下

    ひとつ覚えておいてほしいことがあります。

    それは,子供は上にあるものより先に,下にあるものに目がいくということです。

    実はこれは,子供だけではなく大人も同じなんです。

    整理収納アドバイザーの講義で学んだのですが,収納は目線の高さ⇒目線より下⇒目線寄り上の順に使いやすいと認識されます。

     

    つまり,目線の上より下に絵本を置いた方が興味をもったときに取り出しやすく

    ハイハイする時期の子供なら床から30cmくらいの高さまで。
    つかまり立ちするころなら床から80㎝くらいの高さまでの場所に絵本を置いておくと子供の視界に入りやすくなり,興味を持つ時間が増えますよ!

    子どもが絵本を読む確率が上がるおすすめの本棚

    子供の年齢にもよりますが,うちの子供は4歳と1歳なので今選ぶとしたらこんなタイプの本棚を選びます。

    ▼シンプル&表紙が見える&子供目線のロータイプ!

    私が今もし買うとしたらこれを買います!!
    部屋になじみそうです。ペイントして色を変えてもよさそうです。

     

    ▼こういうタイプも結構好き

    素材が段ボールっていいですね。

    もし使わなくなったら捨てるのが簡単。
    本棚って正直,子供が大きくなったら不要になりませんか?
    割り切って,こういうタイプを使うのもいいですよ。

     

    ▼ちなみに,私がDIYした本棚はこちら

    DIYした絵本棚

    DIY初心者なのでこんなのしか作れませんでしたが,わりと気に入ってます(*´ω`*)
    下の段には1歳の娘の本を置き,上の段には4歳のむすこの本を置いています。

    子どもが大きくなったら木材をバラして何か作ろうかなと思ってます。

    まとめ

    ではまとめます。絵本が好きな子供にするには

    • 絵本の表紙を見せる収納に変える
    • 子どもの手がすぐ届く場所に置く

    これが大切です!!ぜひ試してみてください^^!

    私は自分の子供には小さいうちから,絵本に少しでも多く触れてほしいを思っていたので,いろいろ試してきました。
    なにもわかっていない頃から読み聞かせをしてみたり。(まったく興味なしでしたが笑)

    絵本の収納をちょっと意識するだけで,子供が絵本に触れたり興味を持つ時間が少しでも増えるなら,試してみたいと思ったのがきっかけで本棚を作ってみたんです。

    その結果,1歳のむすめが絵本を手に取ることがあきらかに増えたんです。
    他のおもちゃよりも絵本を目立たせるといいのかもしれません。

    もちろん収納だけでなく,ひざの上にのせて本を読んであげたり,寝る前に1冊絵本を読む習慣をつけたりするなど,パパやママが絵本っておもしろいんだよ~と教えてあげることも忘れないでくださいね♩

    絵本が好きな子供が増えることを願っています(*´ω`*)

    ミカ
    ミカ
    ミニマリストなので所有する絵本は最小限。2週間に1度図書館で10冊くらい絵本まとめ借りしてますよ。