家事をパパッと終わらせたい

    備え付けの水切りを断捨離したら家事が時短になったよ

    水切りを断捨離
    備え付けの水切りって捨ててもいいのかな?
    賃貸ならとっておかないといけないけど,戸建てなら自分の判断次第だよね!

    うちは戸建てで,キッチンはリクシルを使っています。引き渡しの時から,キッチンのシンクには備え付けの水切りがついていました。

    この水切りを私は断捨離することに決めました!その理由は「家事をラクにしたいから」です。

    断捨離することによって,家事が時短になったよ!というお話をしたいと思います。


    備え付けでも使いにくければ使う必要はない

    備え付けの水切りが付いているシンク

    この穴がたくさんあいてる手前の板みたいなのが,リクシル備え付けの水きりです。

    備え付けだから,シンクの幅にピッタリだし,洗ったコップや鍋などをちょっと置いておくのにとても便利でした。

    だから「使いにくい」というわけではなかったんですが,使っていくうちにいろいろな不満が出てきました。

    水切りは便利だけど,掃除が大変

    備え付けの水切り,とても便利でしたが,洗ったものはそのまま水切りの上で自然乾燥という流れになってしまい,コップや鍋の定位置が水切りの上になってしまいました。

    その結果,水切りにはいつもモノが置かれていて掃除の頻度が減りました。

    気づいたときには表面は水垢だらけで裏側にも汚れが…

    ミカ
    ミカ
    便利だけど,もしかしたら,ない方がいいかもしれない…

    掃除の手間を考えると,そう思うようになったんです。

    水切りを断捨離した場合のメリット

    リクシルの水切りを断捨離した状態

    思い切って水切りを外し,普段通り生活してみました。水切りを外したことで感じたメリットはこちら。

    1. シンクが広々使える
    2. 水切りの下の空洞になっていた部分の掃除が簡単にできるようになった
    3. 水切りの掃除をしなくてすむ
    4. 食器や鍋を水切りの上に置きっぱなしにせず片付けるようになった

    キッチンは食品を扱う場所ですし,できるだけ清潔にしておきたいですよね。毎日清潔を保つためには,掃除がしやすい状態にしておくことが大切です。

    水切りをなくしたことで,シンク全体の掃除がしやすくなったのはとても大きなメリットでした。水切り自体の掃除をする必要がなくなったので,そのぶんの手間がカットされ,家事の時間短縮になりました。

    水切りがないことによるデメリット

    シンクを裏側から見た写真

    水切りを外した後,まず困ったことは洗った食器や鍋をどこに置けばいいのかということです。

    我が家は食洗機を使っているので,ほとんどの食器は食洗機が洗ってくれます。鍋や食洗機に入れない食器を洗ったら,シンクの上に直接ドンッとおくことにしました。

    洗った食器や鍋は少量なので,拭いて定位置へ片付けます。

    水切りの上を仮置き場ではなく定位置にしてしまっていたのは,水切りがあったからでした。なくしたことで,ちゃんと片付けようという気持ちになりました。

    毎日キッチンをリセットするようにしているのでシンクの台は毎日除菌しています。なので問題はないかなと。キッチンリセットについてはこちらの記事キッチンリセットのやり方と習慣にするコツ教えます!」に詳しく書いています。

    備え付けの水切りは捨てても大丈夫?

    というわけで,我が家は備え付けの水切りを断捨離しました。捨てるかとっておくか迷いましたが,1か月くらい保管しておき,なくても大丈夫と判断したあとに手放しました。

    備え付けのモノって捨てていいのか迷いますよね。でも,万が一必要になればメーカーから購入することもできます。

    自分が使いやすいのが一番なので,備え付けのモノを絶対使わないといけない,ということはありません。もし迷っている人がいたら,一度外してみて様子を見てみましょう。

    便利さと掃除の手間を天秤にかけどちらがいいか考えてみてください。

    おわりに|水切りを断捨離すると家事がひとつ減る

    便利なものは世の中にたくさんあるけれど,私のように「実はない方が快適だった!」なんてこともあります。

    家事の時間は,モノを活用して短縮する方法と,モノを手放して短縮する方法があります。どちらがいいか実験してみてくださいね!

     

    家事をパパっと終わらせるために,「モノを活用する場合」はこちらの記事をお読みください。「家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!

    ABOUT ME
    ミカ
    5歳と2歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らし,家事を効率化しまくったらお金と時間の無駄が減り,こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに自分の時間を作るためにできることを提案します。