ミニマルなマイホーム作り

ミニマリストが作るマイホームの間取りはシンプルで無駄がない2LDK!

ハウスメーカーと家を建てる土地が決まったら,次はいよいよ家の間取りを決めるところから本格的な家づくりがスタートします。

きっと皆さん間取りはものすご~く悩まれるのでしょうね!!
だって一生住むかもしれない家ですし間取りは大切です。
普段の暮らしを想像しながらいろんな希望をくみこんで,あーでもないこーでもないとみんな頭を悩ませていることでしょう。
私も打ち合わせ前に「戸建て 間取り」とかで検索しまくりました(*´ω`*)

 

ですが!うちは最初に提案していただいたプランが気に入ったので,ほとんど修正することなく間取りが決定しました。

普通はもっと迷いますよ!決めるのめっちゃ早いですね!って言われました。
だって良いプランだったから。笑

設計士さんが,私たちの意図をサラリとくみ取ってくれたおかげです。

間取りをこだわりとともに公開

さて,ほぼ私たちの希望通りの狭い土地をシンプルに無駄なく活用した間取りをご紹介します。

詳しい図面ではなく手書きの間取りで失礼します。

ちなみに向きは上が北,右が東です。

1階の間取り

これが一階の間取りです。

  • 一階はフラットで広々とした空間にしたい。
  • 収納はそんなに多くなくていい。
  • 玄関は横長にしたい。
  • 回遊式のオープンキッチン

これが私たちの出した希望でした。

 

見てもらうとわかるように,とてもシンプルです。
最近よく見かけるオシャレな畳のこあがりや段差などは一切ありません!

とにかくリビングは,だだっ広い何もない空間にしたかったんです。
子どもも大人も,のびのび過ごせるように。

ミニマルな家ですが,広く感じます。無駄な仕切りや家具がほとんどないからだと思います。収納も必要以上に多くはつけませんでした。

 

また,玄関を横長にしたいというのは夫の希望。
出かけるときに横並びで靴をはけるように,だそうです。
たしかに朝急いでいるときに,前の人が靴を履くのを待っているのって時間のロスですよね。4人並んでもそれぞれ靴を履けるくらいのスペースを作りました。

 

2階の間取り

これは2階の間取りです。

私たちが出した希望は,

  • 洗濯の動線はできるだけ短くしたい
  • 夫の趣味部屋を作ってほしい

私の希望で,

洗濯する▷干す▷取り込む▷しまう

この流れを最短距離でできるように,水回りを2階にしてもらいました。
子供が巣立った後,万が一2階にあがるのが大変になったら…リフォームするか,戸建てを売って1フロアのマンション買います。笑

 

また,夫の趣味は楽器を弾くことなので,ギターやCDを置く部屋を作ってもらいました。
クローゼットの②がその趣味部屋です。
1畳ほどですごくコンパクトなのですが,楽器は壁掛けにしてもらい,現在置いてあるのはCDと小さな机だけです。
機材を使って作業するときは,今は子供部屋①で広々やっているみたいです。

 

この間取りのメリット

この間取りで1年間暮らしてみて感じるメリットは,

  • 玄関が横に広いので子供たちが並んで靴を履ける。
  • ミニマルな家でも広く感じる。
  • 寝室を広く使える。
  • 洗濯からしまうまでの一連の流れがラク。
  • 水回りが2階なので急な来客時でも慌てない。(洗濯物を見られることがない)

です。

 

寝室と子供部屋②が一緒になっているのですが,これはあとから仕切りを導入する予定です。
一般的に子供部屋を一部屋広く取っておいて後々仕切るというイメージがあったのですが,設計士さんからの提案でこういう形になりました。

理由は,

子供たちが自分の部屋を欲しがるのはおそらく10年後くらい。
それまで2部屋ぶんのスペースを空けておくのはもったいない。
子供が小さいうちはみんなで寝るだろうし,寝室を広くとればゆったり寝られる。
本当に部屋が必要になったときに対応を考えてみてはどうか

とのことでした。

その提案に納得したので,この間取りを採用しました。

 

また,家事動線を考えたときに子供部屋①の方を寝室+ベランダにした方が効率的かと思ったのですが,子供部屋を2つおなじような条件で作りたかったので結果的にこのような間取りになりました。

 

私は間取りには,十分満足しています。

後悔しているポイント

もっとこうしたらよかったかな~と思う点は1点のみ。

  • バルコニーの大きさ

です。

洗濯ものを干すために小さいバルコニーをつけてもらったのですが,そのせいで1階の日当たりが少し落ちました。
南向きで2階の日当たりは抜群なのでバルコニーの位置は今の場所がベストではあるのです。
しかし,向かい側にも家が建っているので1階に入ってくる光が少なくなってしまう点をもう少し配慮すればよかったと思いました。

もし今なら,バルコニーは半分の大きさにしますね。半分で十分でした。

土地が広ければインナーバルコニー,もしくはサンルームをつけるのもいいかもしれません。

屋根付きのバルコニーだと建築面積に入ってしまうので課税対象になります。
90cm以下の軒の出はセーフというところも。
課税評価は自治体によって細かい規定が違うので各自治体で聞いてみてください。

 

まとめ

間取りはとてもシンプルですが,自分たちの希望はきちんと反映していただけたので満足しています。
狭い家でもシンプルな間取りにすることで,部屋を広く感じさせることができます。
うちに来てくれた友達はみんなそろって「ひろい!」と言ってくれます。実際は狭いんですけどね。笑

 

間取りだけではありませんが,いろいろと便利なものがたくさんあるので欲張って機能を足し算しがちです。
たくさん組み込むよりも,無駄を省いたシンプルな間取りの方があとから修正が利くし,引き算のおしゃれ,余白の美しさを醸し出せます。

無駄をできるだけ省いたミニマリスト的間取り,おすすめですよ♩

 

 

ABOUT ME
はっぴ
2人の子持ちミニマリスト主婦。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。