【理想の家を建てたい】

    オプションを省くことにこだわったお風呂が大正解だったという話【リクシル/LIXIL/アライズ】

    アイキャッチ

    大嫌いなお風呂掃除をできるだけラクにしたい!という思いから,マイホームを建てるときお風呂場にはこだわりました。

    オシャレにすることではなく,余計なオプションはとことん省き,とにかくシンプルなお風呂にする!ということにこだわりました。

    お風呂が大好きな人ならあれこれこだわるのもいいかもしれませんが,なんせ私はお風呂掃除が大嫌いなもので,きれいを保つのが大変なお風呂は極力シンプルにしようと決めたのです。

    この記事では,マイホームを建てる時にどんなオプションを省いたのか。また,どんなところにこだわり,お風呂掃除は結果ラクになったのか?という話をします。

    タイトルに書いてある通り,余計なオプションをとことん省くのは大正解でございました。お風呂掃除が嫌いな奥様は必見です。(掃除が旦那様担当なら,旦那様必見!)


    マイホームのお風呂はザっとこんな感じ

    お風呂

    うちのお風呂はすべてリクシル(LIXIL)です。標準で,一面だけアクセントカラーをいれることができました。他の設備はほぼすべて標準仕様です。

    浴槽は段差があるベンチタイプ。

    リクシルの浴槽

    窓はひとつつけました。

    浴室の窓

    マイホームのお風呂につけなかったオプションは3つ

    浴室乾燥用のポール

    浴室での乾燥機能は雨の日に重宝しますよね。賃貸の時に使っていました。しかし,浴室乾燥を使ったときの電気代のあがりっぷりに驚きました。

    浴室乾燥機能をつけるくらいなら,ドラム式の乾燥機付き洗濯機を買おうと思い,ポールは省きました。

    浴室乾燥を省いてそのお金でこっちを買おう⇒「家事の時短アイテムは自動化できる家電!主婦が絶対買いたいアイテムTOP3はこれ!

    シャンプーなどの小物置き場

    シャンプーリンス

    鏡の隣によくシャンプーなどを置いておく小物置き場がついていますよね。それをつけませんでした。理由は,小物置き場の掃除が面倒だからです。

    シャンプー,リンス,ボディソープは浴室のタオルハンガーの上に置いています。持ち込み式がベストなのですが途中から面倒になり,このスタイルになりました(笑)

    横向きの鏡

    標準でついてくる鏡ですが,最初に提案された鏡は奥行をだして浴室を広く見せるため浴槽側まである横向きの鏡でした。しかし,横向きの鏡は…

    • 浴槽側に鏡があると一人で入っているとき怖い
    • 掃除が大変になるから鏡はそんなに大きくなくていい

    という理由から,よくある縦向きの鏡にしてもらいました。むしろもっと小さくてもよかったなと思っています。鏡は本当に管理が大変ですよね。

    マイホームのお風呂でお金をかけたこだわりポイント

    シャワーヘッドを節水ボタン付きに変更

    f:id:mygreenhome:20180126124903j:plain

    シャワーヘッドを節水ボタン付きに変更したのですが,ここは初期投資してもいい部分だと思い変更しました。

    特に掃除のとき,手元の節水ボタンで水を止められるので便利です。また,1歳の子供がレバーをいたずらして何度も水を出そうとするのですが,ボタンを押しておけば水が出ないので,子どものいたずらでの水の無駄遣い防止にも役立っています。

    浴槽をベンチタイプに

    浴槽は悩みましたが,フラットタイプではなくペンチタイプにしました。その理由はこちらです。

    • 段差が1歳の娘の椅子代わりになる。
    • 子どもたちが浴槽から自分たちで出入りできる。
    • 大人が1人で入るときは反対側を頭にして,この段差に足をのせれば十分くつろげる。
    • 段差があることでほんの少し節水効果がある。

    ベンチタイプは子供と入ると狭い,など賛否両論あります。たしかに3人で入ると狭いです。

    でも子供と一緒に入る時期は短いですし,長い目で見ての節水効果と,子どもたちが自分たちで出入りできることで親の負担が軽くなる点に魅力を感じ,ベンチタイプを選びました。

    マイホームのお風呂づくりで失敗したポイント

    お風呂

    マイホームのお風呂づくりで失敗したポイントは,レバー下にあるテーブル部分です。このテーブルは必要ありませんでした(涙)

    このテーブルの裏側が非常に掃除しにくいんですよ。テーブルの裏側にへんなネジのくぼみがたくさんあるんです。外したい。しかも浴槽のエプロン部分を掃除するためには,このテーブル部分を先に外す必要があるんです。

    1人ではできないし,非常に面倒!( ;∀;)イラナカッタヨー!!リクシルでお考えの方はこの部分,どうかご検討ください。

    浴室のテーブル部分が改良され,外せるようになったみたいです!
    「丸洗いカウンター」という名前になっていました。
    また,新商品で「スリムカウンター」という商品も出ていました。
    【参考】リクシル公式サイト/バスルーム/アライズ/特徴

    ↑きっと苦情が多く寄せられたのではないでしょうか(笑)取り替えたいです。

    まとめ|余計なものを省いたらお風呂掃除はラクになった!

    余分なオプションをとにかく削ったことでお風呂掃除はかなりラクになりました。テーブル部分がなければ完璧でしたね!!(笑)

    お風呂掃除は毎日やることなので,できるだけ無駄なものを省き自分がラクできるような選択をしましょう。オプションを削ることで多少お金も削れます。

    お風呂にこだわりがない方は「標準のままでいっか~」となりがちですが,最初からすでに余計なオプションが色々とついています。見落としがちな失敗ポイントが潜んでいるのでこれから家を建てる方はお気をつけて!

     

    我が家の家づくりの記録はこちらにまとめてあります。⇒「ミニマリストが作る注文住宅は予算も間取りも無駄はなし!快適に暮らせる家づくり【まとめ】

    ABOUT ME
    ミカ
    5歳と2歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らし,家事を効率化しまくったらお金と時間の無駄が減り,こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに自分の時間を作るためにできることを提案します。