【2】収納(モノのおうちを決める)

    【カバンの収納】引き出しに放り込むだけでOK

    カバンは引っ掛ける収納ではなく,引き出しに放り込む収納方法にしています。

    理由は,夫も子供も「引っ掛ける」のが苦手だからです。

    この収納方法にしたら,片付けのハードルが下がったのか,自分で片付けてくれることが増えました!


    カバンは引き出しに放り込み収納

    f:id:mygreenhome:20171129140901j:plain

    まだ目隠しできてないのでごちゃごちゃした中身が丸見えですが,カバンはリビングの押入れを定位置にしました。

    ニトリのプラケースにポイポイ放り込んでいます。

    夫はこういうザックリした収納方法が好きみたいです。

    上から「夫・私・子供たち」というように,人別で分類しました。

    収納場所に合わせて適量を考える

    モノが多い人は,モノに合わせて収納を考えています。

    収納場所に入らなくなったら収納ケースを買う,という行動を繰り返しているとモノは増え続けてしまいます。

    私は,収納場所が「引き出しひとつぶん」だから,ここに入る量だけを持つようにしよう,と考えるようにしました。

    引き出しひとつに入る量が「今の私の適量」だと思っています。

    今使っているカバンは4つ

    f:id:mygreenhome:20171129140844j:plain

    今私が持っているカバンは4つです。(2017年12月)

    昔は10個以上持っていましたが,「今」使うモノだけに絞り4つまで減らすことができました。

    引き出しひとつにちゃんと入ります。むしろスカスカです。

    メインとして使っているカバンは,黒のトートバックと無印のリュックです。

    ミニトートは,バッグインバッグとして貴重品や子供のおやつ・離乳食を分類するために使っています。

    まとめ

    引っ掛ける収納が苦手な人は,引き出しに放り込む収納方法がラクちんです。

    放り込む収納と適量の考え方の参考になればうれしいです。

    ABOUT ME
    ミカ
    夢は「いつも笑顔のお母さん」 なのに心に余裕がなくていつもイライラしていた私を変えてくれたのが「片付け」だった。 数年かけてモノだらけの部屋を脱出。現在は理想の育児ができなくて悩むママたちにSNSやブログで「家を整えることの大切さ」を広めている。 4歳と7歳を育てる元幼稚園教諭