整理収納・断捨離

    リビングのおもちゃ収納は隠してスッキリ見せる!

    子どもが小さいうちはお母さんの目が届く範囲で遊んでいてほしいので,リビングで遊ばせることが多いと思います。
    そうなると,子供のおもちゃもリビングに収納することになりますよね。

    形はバラバラ,カラフルなのが子どものおもちゃ。
    スッキリ見せるのは,なかなか難しいです。

    しかし,一工夫するだけで,子供のおもちゃをスッキリ収納することができます。

     

    では,我が家のリビングのおもちゃ収納をご紹介します。


    おもちゃはクローゼットの中へ

    我が家のリビングには少し奥行きのあるクローゼット(押入れ)があります。

    上下に分かれているので,下段には子供のものを収納しています。

     

    扉とあけるとこのような状態です。

    f:id:mygreenhome:20170606150741j:plain

    3段のカラーボックスを並べています。
    白いボックスはダイソーのスクエアボックス。
    一時期かなり流行りましたよね。
    使い勝手がよくて気に入っています。

     

    カラーボックスの上にはキーボード,お絵かきセット,日本地図パズルがおいてあります。一番下のボックスには,カプラ風の積み木とプラレール。

     

    f:id:mygreenhome:20170606150819j:plain

    出産祝いでいただいたカタログギフトから選んだものです。
    ピリエのスクエアS。

    ネットでも購入できます。

    ピリエのボックスはいろいろな柄があってとてもかわいいです。
    北欧好きにはたまらない。

    ちなみに,カラーボックスに合うサイズはスクエアS
    さらにひとまわり小さいのがスクエアショートSです。

    ミカ
    ミカ
    紛らわしいのでよく確認してくださいね! 

    ラベリングで子供目線の収納にする

    ダイソーのスクエアボックスにはラベリングで,どこになにが入っているかわかるようにしています。

     

    マスキングテープにマジックで書きました。

    f:id:mygreenhome:20170606150847j:plain

    ただ…うちの3歳のむすこは現在まだひらがなが読めないので…(練習中)
    このボックスをひっくり返した裏面に,イラストを描きました。

    f:id:mygreenhome:20170606150914j:plain
    ミカ
    ミカ
     (トーマスの絵は書けなかった…笑) 

    あまり絵心はありませんが,むすこがわかってくれればいいのです(笑)

    こんなふうにラベリングすることで,どこになにがあるか一目でわかるようになり,遊ぶ時は出しやすく,片付けるときはひとりでも片付けやすくなりました。

    扉をしめたらリビングがスッキリ

    こちらが現在のリビングです。

    f:id:mygreenhome:20170606151029j:plain

    生後6か月のむすめはずりばいするようになり,むすこのおもちゃにも手を出し始めたので誤飲事故防止のため,柵を設置しました。

     

    類似品ですが。

     

    そのためこのような状態なのですが,おもちゃが収納してあるのは右に見える扉の中です。

    閉めてしまえばだいぶスッキリします。

     

    普段,むすこがいる昼間はこの扉は開けっ放しですが,幼稚園に行っている間や夜は閉めてすっきりしたリビングにみえるようにしています。

    1年後くらいには柵がなくなってもっとスッキリしたリビングになっているはずです。

    子どもがいても夜はリビングをスッキリさせたい

    夕食前に子供と一緒におもちゃを片付けるようにしています。

    リビングがきれいな状態で夕食を食べ,歯磨き,絵本で就寝です。

    という流れにしています。
    (グズったときはうまくいかないこともあります)

     

    リビングっていろんなものがあふれがちな場所。

    ただでさえモノが集まる場所なのに子供のおもちゃが常に散らばっていたら心が休まりません。

     

    私はスッキリとした部屋でコーヒーを飲んだり,本を読んだり,ぼーっとテレビを見る時間がとても好きなので,時にはおもちゃを目にしたくない時もあるのです(笑)

    スッキリした部屋でのんびり過ごす時間を大切にしていきたい。

    おわりに

    子供が小さいうちはおもちゃなどたくさんのモノに圧迫されがちです。

    子供中心の安全な部屋づくりは基本的にとても大切なのですが,なんでもかんでも子供中心にする必要はないのではないかと思います。

    子どものための家ではなく家族みんなのための家なので,みんなが過ごしやすい家づくりが大切です。

    ABOUT ME
    ミカ
    4歳と1歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。