注文住宅を建てる時にこだわった,掃除を簡単にするお風呂づくりのポイントをまとめました

ミニマルな注文住宅を作るコツ

大嫌いなお風呂掃除をできるだけラクにしたい!という思いから,家を建てるときお風呂場にはこだわりました。

オシャレにすることにこだわったのではなく,逆です。

 

とにかくシンプルに。余計なものは置かない付けない,ということにこだわりました。

お風呂掃除をラクにするためにはカビを発生させない工夫が大切です。

この記事では,掃除がラクになるお風呂づくりのポイントをご紹介します。

我が家のお風呂を紹介

うちのお風呂はすべてリクシル(LIXIL)です。

標準で,一面だけアクセントカラーをいれることができました。

他の設備はほぼすべて標準仕様です。

浴槽は段差があるベンチタイプ。

窓はひとつ。

浴槽用のフタは使っていません。

かわりにひらがな表を貼っています(笑)

 

こだわったポイント

うちは注文住宅ですが,こだわるところはこだわり,削るところはとことん削っています。

マイホームはお金をかけようと思えばいくらでもかけられますが,必要のないものにお金を払う必要はありません。

うちは 「お風呂が大好きで細部までこだわりたいっ!」という熱い思いはもっておらず,夫婦ともに「不便なく使えれば良い」という気持ちでした。

重要なのは掃除がしやすいこと

そのための,こだわりポイントをご紹介します。

浴室乾燥用のポールはつけない【1】

まずは浴室乾燥用のポールをつけるのをやめました。

賃貸の時に使ったことがあるのですが,あまり便利だとは思わなかったのです。

それよりも浴室乾燥を使ったときの電気代の方が気になり,使うのを控えていました。

室内で使う物干しがあるので,基本はそれとベランダで。

大物はコインランドリーで。

もしいずれ仕事復帰したら乾燥機付きの洗濯機に買い換えるのもアリかなと思っています。

小物置き場はつけない【2】

入居前の写真でちょっと暗いのですが,鏡の隣によくシャンプーなどを置いておく小物置き場がついていますよね。

それをつけませんでした。

理由は,小物置き場の掃除が面倒だからです。

シャンプー,リンス,ボディソープなどは浴室に置きっぱなしだと底がぬめるし,お風呂の時に使うモノはすべて持ち込み式にしよう!

と入居前に考えていたので置き場はつけませんでした。

鏡は横向きではなく縦に【3】

標準でついてくる鏡ですが,提案された鏡は奥行をだして浴室を広く見せるため浴槽側まである横向きの鏡でした。

ですが

  • 浴槽側に鏡があると一人で入っているとき怖い
  • 掃除が大変になるから鏡はそんなに大きくなくていい

 

という理由から,よくある縦向きの鏡にしてもらいました。

横向きだとオシャレですが,鏡の管理は大変ですからね。。

シャワーヘッドを節水ボタン付きに【4】

f:id:mygreenhome:20180126124903j:plain

ここはお金をかけたところです。

シャワーヘッドを節水ボタン付きに変更しました。

体を洗うときはレバーの方がラクなので,そちらを使っていますが,掃除のときは手元の節水ボタンがとても便利です。

また,1歳の子供がレバーをいたずらして何度も水を出そうとするのですが,ボタンを押しておけば水が出ないので,子どものいたずらでの水の無駄遣い防止にも役立っています。

ここは初期投資してもいい部分だと思い変更しました。

浴槽はベンチタイプ【5】

フラットタイプではなくベンチタイプの浴槽にしたのですが,我が家にとってはこの選択は正解でした。

【掃除のラクさ】という観点から選んだのではありませんが悩んだ部分でもあるので,我が家のメリットを添えて書いておきます。

メリット

  • この段差が1歳の娘の椅子代わりになる。
  • 4歳の息子の浴槽からの出入りにちょうどいい。
  • 大人が1人で入るときは反対側を頭にして,この段差に足をのせれば十分くつろげる。
  • 段差があることでほんの少し節水効果がある。

 

ベンチタイプは子供と入ると狭い,など賛否両論ありますが子供と一緒に入れる時期はわずかですし我が家にとっては長い目で見ての節水効果の方がありがたいと思ったのでベンチタイプを選択しました。

浴室には窓をつける【6】

浴室には窓をつけることをおすすめします。

お風呂の大敵はカビ。カビの大好物は湿気です。

換気扇だけではなく,窓を開け外の空気を取り込み,空気を循環させることが大切です。

日当たりがよいとさらに良いですね。

ちなみに我が家のお風呂は2階で,東向きの窓です。

窓はそんなに大きくありませんが,午前中はとても明るいお風呂になり窓を開けると風が良く通ります。

 

お風呂づくりで失敗したポイント

浴室に関しては1つだけ失敗したポイントがあります。

レバー下にあるテーブル部分は必要ありませんでした。

なぜこのような形状??

テーブルの裏側が非常に掃除しにくいです。

へんなネジのくぼみがあるんです。外したい。

そして,浴槽のエプロン部分を掃除するためには,このテーブル部分を先に外す必要があるんです。

1人ではできないし,非常に面倒!( ;∀;)イラナカッタヨー!!

リクシルでお考えの方はこの部分,どうかご検討ください。

掃除をラクにするための入浴後の習慣

f:id:mygreenhome:20180125111035j:plain

シャンプーなどは使い終わったらタオルバーの上に置いて水切りするようにしています。

(当初予定していた持ち込み式はやめました。子どものおもちゃだけ持ち込み式です。)

 

浴室には余計なものは置かず,最小限にすることで掃除はラクになります。

夜は換気扇をまわしておき,翌日の朝天気のいい日は窓をあけます。

 

浴室内は基本は何も置かない。

この状態が「あたりまえ」になるように心がけています。

まとめ

我が家がこだわった掃除を簡単にするお風呂づくりのポイント,いかがでしたか?

希望していた通り,掃除はだいぶ簡単になりました。

完璧!とは言えませんでしたけどね!惜しかったなぁ…

 

リビングやキッチンなどは設備を考えるのに力を入れると思いますが,お風呂にこだわりがない方は「標準のままでいっか~」となりがちです。

そんなに大きな金額ではありませんが,標準仕様から削れるポイントもあります。

家を建てる方は,決めることが多くて大変ですが,お風呂もよ~くチェックしてくださいね!

素敵なおうちづくりを楽しんでください(*’ω’*)

スポンサーリンク