お正月飾り・しめ縄・しめ飾りは飾る日が決まってるって知ってた?

ミニマリストになる・楽しむ

一戸建てに住むようになり1年がたちました。

今まではあまり興味がなかったしめ縄やしめ飾りなどのお正月飾りですが,「こういう風習があるんだよ。」ということをむすこに教えるためにも,今年から飾ってみようかなと思うようになりました。

今年は普通にホームセンターでしめ飾りを購入。(オシャレには程遠い。笑)

まったく知らなかったのですが,どうやら飾る日が決まっているらしいので,自分のメモがてら,まとめておきます。

しめ縄・しめ飾りを飾るのは28日がベスト

見出しの通りですが,しめ縄・しめ飾り(以下「しめ飾り」と書きます。)を飾るのは,12月28日が一番良い日なのだそうです。

理由は8が末広がりで縁起が良いからです。

クリスマスが終わり次第,しめ飾りを用意することをおすすめします。

飾ってはいけない日がある

クリスマスが終わったら年末までにサクッと飾ればいい,と思ったら大間違い!

なんと飾ってはいけない日があるのです。

それは29日と31日

29日は「二重苦」を連想するため縁起が悪い。

31日は 「一夜飾り」となるため神様に対して失礼にあたる。

そんな理由があるそうです。

28日を逃したら,30日を狙ってくださいね

なぜしめ縄・しめ飾りを飾るのか

しめ縄・しめ飾りをかざるのは,お正月にやってくる年神様をお迎えするためです。

しあわせをもたらしてくれる年神様が家にやってきてくれるよう案内するためのものだそうです。

神様の通り道に飾るそうですが,一般的には玄関ですよね。

幸せをもたらしてくれる一方,災いが家に入るのを防いでくれるという意味もあるそうなので,きちんとした場所に飾りましょう。

また,旧年の不浄を取り除いてくれるという意味もあるようです。

新しい年を気持ちよく過ごすためのものなんですね。

いつまで飾るのか

これは地域によって違います。

1月7日までというのが一般的だそうですが,1月15日までというところもあるようです。

私は購入した場所で確認したところ,7日までと書いてあったのでこの辺では7日が主流なのでしょう。

供養,処分,片付けの仕方

しめ縄,しめ飾りは外したら,神社にもっていき供養します。

使いまわしはダメです。毎年新しい物を用意しましょう。

神社にいくと供養のための場所が設けてあったりします。

私は毎年初詣は人ごみを避けて落ち着いたころ行っているのですが,そういう場所を毎年みかけていました。

ものすごい数のお正月飾り,しめ縄,しめ飾りが供養のためにおいてあったのをよく覚えています。

自分で処分する場合は,塩やお酒で清めてから紙に包んで処分するとよいそうです。

おわりに

飾りは毎年供養し新しく用意するものなので,収納の場所を考える必要がないというのはミニマリストにとって嬉しいポイントです。

ここまで書いておいてなんですが,伝統とか,神様とか今までさっぱり興味がない分野でした。(笑)あらためて調べてみると,いろんな意味があるということを知ることができて面白かったです。

お正月飾りについてのあれこれは,日本人の一般常識として頭に入れておいてもよいことかなと思います。

子供にきかれても簡単に説明できるくらいにはしておきたいものですね。

スポンサーリンク