ミニマリスト主婦はポイントカードを持ち歩く。厳選すること・定期的な見直しが大切。

シンプルな家計管理・マネー関連

ミニマリストにはポイントカードは必要ない。

 

いえいえ,ミニマリスト主婦にはポイントカードが必要です。

 

必要のないものは捨てるけど,「ポイント=お金」は必要でしょ?

ポイントカードに対する私の考え方

私は毎月決まったお金を生活費としていただき,そのお金を日々やりくりしながら暮らしています。

やりくりするお金は無限にあるわけではないので,日々の節約は必須。

 

そのため,ポイントお金という認識。

ポイントは賢く貯めたい。と思っています。

 

たくさんのポイントカードでパンパンになったお財布を持ち歩くのは嫌なので

ポイントカードは厳選して持つことにしています。

ポイントカードのメリットとデメリット

ポイントカードを所有するからには,きちんと「持つ理由」を考えないといけません。

ポイントカードのメリットとデメリットを把握しておくことは大切。

それを把握したうえで,持つか持たないかを考えてみてもいいと思います。

ポイントカードのメリット

まずはメリットから。

  1. 提示するだけで勝手にたまる
  2. クレジットカードとポイントを二重取りできる
  3. 微々たるポイントでも,日々の支払いを集中させると結構な額になる
  4. 利用しないよりは利用した方がお得である
  5. その店独自のサービスや優待を受けられることがある

ポイントカードのデメリット

次にデメリットです。

  1. 持ち歩かなければならない
  2. 様々な店舗のカードを持っているとかさばる
  3. 持っていないと損した気持ちになる
  4. ポイントを貯めることが目的になることがある
  5. ポイントのために不要な買い物をすることがある

 

特に4と5は意識していない人が多いかも。

ポイントのために余計に100円を払うのなら,その100円を払わずに貯めた方が,結果的にポイントを貯めるよりも節約になる。

あとからもらえるポイントよりも,その場で支払う現金が減った方が総合的に見てお得なのです。

これをきちんと覚えておかないと,ポイントを貯めるという行為が,逆に散財を促すことになるので注意が必要です。

ポイントカードを持つなら自分ルールを決める

ポイントカードのメリットとデメリットを把握したうえで,私はポイントカードを持つという選択をしました。

以前はたくさんのポイントカードを持っていましたが,厳選した何枚かを持ち歩き,あとは自宅保管するようにしています。

ポイントカードを持つなら,自分なりのルールを決めて持つことです。

やみくもに所有していても,分散されてしまってなかなかたまらないのでポイントカードを持っていても無駄なだけ。

私の自分ルールとは

私の決めたルールはこちら。

  1. 財布に入れるポイントカードは「好きな店」「よく行く店」のものに限る。
  2. 自宅に保管するポイントカードは1年に1度見直す。

 

簡単なルールですが,貯まらないポイントカードは持つだけ無駄。また必要になったら作ればいい。

そう自分に言い聞かせ,厳選したものだけを持つことにしています。

ポイントカードの見直し

一度すべてのポイントカードを公開し,見直してみます。

財布の中のポイントカード

f:id:mygreenhome:20171114165712p:plain
  1. Tポイントカード
  2. ポンタカード
  3. Rポイントカード(楽天ポイント)
  4. パパママ優待カード
  5. ベルクカード(よく買い物する)
  6. 近所のスーパーのポイントカード(よく買い物する)
  7. お気に入りのパン屋のポイントカード

 

優待カードはポイントカードではありませんが,数に入れておきます。

合計7枚です。

自宅保管のポイントカード

無印のカードケースに入れています。

f:id:mygreenhome:20171114165730p:plain

これまで持っていたのは,なんと23枚。

f:id:mygreenhome:20171114165743p:plain

美容院のカードなど,いつのまにか増えていたのをそのまま持っていたようです。

これを機にいらないものをすべて断捨離。

f:id:mygreenhome:20171114165808p:plain

残った自宅保管のカードはこちら。

f:id:mygreenhome:20171114165831p:plain
  1. ビッグカメラ
  2. コインランドリー
  3. イオンのオーナーズカード
  4. ワオンカード
  5. アイシティー←ポイントカードじゃないw
  6. ニトリ
  7. dポイントカード
  8. ナナコカード

 

合計8枚ですが,水色文字のカードは必要ないかも…

おわりに

以前に比べたら,格段に減った手持ちのポイントカード。

自分が「必要」「使う」と判断し,厳選したカードを持つことによって,財布は軽くなり取り出すときにもたつくことが減りました。

また,手持ちのポイントカードを減らそうと,ポイント集約アプリを利用していたこともあったのですが,近所ではまだ普及していないこと,支払い時スマホを起動させるのが面倒なことからポイント集約アプリはやめました。

「クレジットカードと厳選したポイントカード,少しの現金」を財布に入れて,賢くやりくり,スマートに買い物できる主婦を目指します。

 

 

スポンサーリンク