15分で27個捨てる!ミニマリストとして生きるために本に書かれてあることを実践してみた。

ミニマリストになる・楽しむ

影響を受けやすい自分の性格をよく知っているので

  • 断捨離したくなったら,断捨離本を読む。
  • 部屋を片付けたくなったら片付け・収納本をよむ。

 

本が好きということと,影響を受けやすいことをフルに活用し普段の自分をコントロールしています(笑)

 

今回は偶然出会った本に影響され実践した断捨離についてお話しします。

影響を受けた本

今回読んだのはこちらの『1週間で8割捨てる技術』という本です。

 

 

この本は名前だけは知っていたのですが,読んだことはありませんでした。

今回私が読んだのはレタスクラブに付属でついてくる小冊子でしたが,発売された本の内容をググッとまとめたダイジェスト版なのだそうです。

 

ざっくり本の内容をまとめますと

持っているモノのうち8割はいらないもの。

だから8割は捨てることができる。

捨てるための具体的な方法は「15分と時間を決めて,ゴミ袋に27個放り込む!」のが効果的。

ということが書いてありました。捨てたいけど捨てられないという人より,捨てたいけど何をどうやって捨てたらよいかわからないという人におすすめです。

15分で27個捨ててみることにした

8割捨てる具体的な方法を実践してみることにしました。

やり方(うろ覚えですが)

  1. タイマーを15分にセットして,ゴミ袋を持ちとにかく家中のいらないものを27個捨てる(明らかなごみでもOK)
  2. 1日15分×5~8セット繰り返す。モノがたまりがちな「プライムゾーン」を集中的に。

 

15分という時間制限を設けることで捨てる,捨てないの判断力がつく。
それを繰り返すことが捨てる訓練になる。
プライムゾーンが片付くとほかの場所の片づけもしたくなる。

 

ということだそうです。
まずは捨てる訓練から始めるとよいみたいなので,私も15分で27個捨ててみることにしました。

15分で27個捨て実践

タイマーを15分にセットして,特に気になっていたうちのプライムゾーンからスタート!

f:id:mygreenhome:20170914170037j:plain

 

気になっていた場所とは,ここです。

f:id:mygreenhome:20170609134612j:plain

 

寝室の押入れ収納の下の部分。↓ここ!

f:id:mygreenhome:20170609134520j:plain

わー!ごちゃごちゃ!恥ずかしい!
使う頻度が低い物を入れている場所で,右下と,真ん中下が私の私物。ここにあるものから捨てていきました。

捨てたもの

さて,捨てたものを具体的に書いてみます。

  1. 浴衣1
  2. 浴衣2
  3. 浴衣3
  4. 帯ひも
  5. 簡易の作り帯
  6. 帯飾り
  7. 下駄
  8. ジャージ・半袖1
  9. ジャージ・半袖2
  10. ジャージ・長袖3
  11. ジャージ・長ズボン4
  12. 運動用靴下
  13. マニュキア
  14. ベビー布団用シーツ
  15. ベビー布団用シーツ2
  16. ベビー布団用ケース
  17. 空き箱
  18. 折りたたみの鏡
  19. ベビー夏服1
  20. ベビー夏服2
  21. ベビー夏服3
  22. むすこ夏服1
  23. むすこ夏服2
  24. むすこ夏服3
  25. 髪飾り
  26. キッチンのごみ
  27. 机の上のDM

 

以上で27個です!なんとか27個捨てましたが10分時間オーバーしました…
途中でやめるべきなのか27個見つけるべきなのか迷いましたが,途中から捨てのスイッチが入ったので勢いに乗って子供服,キッチン~と移動しながら捨てました。

やってみた感想

15分って結構あっという間です。悩んでいる暇がありません。
1個捨てるのに30秒もかけられないんです。

 

最初,エンジンがかかるまで少し時間がかかりましたが,捨てのスイッチが入るとどんどん捨てることができました。
もったいないし売ろうかな…なんて考えていた時,うっすら白くなっている浴衣を見て,ちゃんとメンテナンスをしなかった過去の自分が恥ずかしくなり思い切って捨てました。

結果,それが捨てのスイッチになり付属品もすべて捨てることができたのです。

f:id:mygreenhome:20170914170140j:plain

 

15分で27個捨てるというチャレンジですが,15分たったら一度ストップしたほうがいいです。
今回私は捨てのスイッチが入ったのでドンドン捨てていきましたが,15分以上たつとだんだん判断力が鈍ってきます。
捨ての判断力を磨くための15分なので時間を無視したら判断力を磨く訓練になりません。

大事なのは15分チャレンジを何セットか繰り返すことだと思います。

間違いなく捨ての技術は磨かれるので,捨てたいけど何を捨てたらいいかわからないという人におすすめのやり方です。

おわりに

27個捨てることができて,妙な達成感がありました。
今まで結構モノは減らしてきたつもりだったけど,まだまだ捨てられるんだな,と思いました。
またタイミングを見て15分で27個チャレンジやってみたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク