水切りはなくても平気でした。あるほうが邪魔だった。

ミニマリストになる・楽しむ

備え付けの水切りを断捨離しました。

備え付けのものって使わなきゃいけないような気がしていたけど,人によって必要かどうかは違います。

自分に必要なものは何かを考え,必要なければ断捨離してもいいんです。

備え付けの水切りは必要なかった

我が家のシンクには備え付けの水切りがついていました。
シンク左の穴が開いている板の部分です。

f:id:mygreenhome:20170616171253j:plain

キッチンには食洗機をつけたので,食器を洗うのは基本的に食洗機がやってくれます。

食洗機対応ではない食器や鍋を洗ったとき一時的にここに置くのですが,この水切り部分には洗った食器はおさまらないので結局別のところに置かなくてはいけないんです。

 

月日がたつにつれ表面の水垢が気になるようになり,水切りの下の部分の掃除がしづらいことにストレスを感じるようになりました。

そこで本当にここに水切りは必要なのかを考えた結果,断捨離することにしました。

 

水切り自体のメンテンナンスがきちんとできないなら持っていても邪魔なだけでした。

断捨離ビフォーアフター

断捨離してシンクがどうなったのか写真でご覧ください。

 

断捨離前《ビフォー》

f:id:mygreenhome:20170616171253j:plain

断捨離後《アフター》

f:id:mygreenhome:20170616171152j:plain

水切りがなくなってスッキリしました。

シンクがフラットな状態になり,全体の掃除がしやすくなりました。

 

あったら便利はなくてもいい

水切りは,あったら便利かな~程度だったので,なくてもそんなに困ることはありませんでした。

 

洗った食器は置いておけばOKということにしました。

余力がある日は拭いて片付けますが,基本的に手洗いしたものは自然乾燥。

洗ったものをそのまま置くとキッチン台が水で濡れてしまいますが,毎日拭いてパストリーゼで除菌しているので大丈夫かなと。

 

思い切って「ない状態」にしてみたら,そのほうが家事がラクになりました。

おわりに

ある状態とない状態,自分にとってどちらが良いのかはやってみないとわかりません。

すぐに捨てなくても大丈夫。

しばらくは保管しておいて,ない状態で過ごしてみて下さい。

1か月たって未練があるようなら必要なもの。

保管していたのを忘れるくらい,普通に過ごすことができていたらあなたにとって必要のないものです。

 

 

スポンサーリンク