ミニマルなマイホーム作り

注文住宅を建てるとき,カップボードを備え付けにしなかった理由とは?

2016年秋に注文住宅を建てました。

特にこだわりたかったのが,一階のリビング&キッチン。

キッチンの後ろ側にはカップボードがあるのが普通ですよね。

 

でも我が家はハウスメーカー備え付けのカップボードをつけませんでした。

備え付けにしなかった理由がいくつかあるのでご紹介します。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

カップボードについて

シンクやコンロの背面にはカップボードがあります。要は…キッチンの収納場所。

マイホーム建築の際は,ショールームなどでキッチンの種類を選ぶことができ,カップボードもセットでつけるのがあたりまえのようなもの。

こちらが何も言わなければ,担当の方はカップボードをセット購入があたりまえと思っているので,シンクやコンロなどを選んだあと自然な流れでカップボードの色や収納パターンをどうするか,という話をしてくると思います。

カップボードのメリット

・シンク側のデザインと合わせることで統一感が出る。
・作りがしっかりしていて安心。
・たくさん収納できる。
・ぴったりのサイズで作ることができる。

 

これに魅力を感じる方,デザインなどの好みが,ショールームにあるものと合致するのならカップボードは備え付けが良いと思います。

我が家が備え付けにしなかった理由

理由を4つ挙げました。

1.値段

まずは値段です。

備え付けのカップボードは,とにかく値がはります。

正直,標準仕様のものはあまり好みではないものが多く,せっかく家を建てるのだから…と,好みを追求していったところ,どんどんグレードが上がりオプション料金が追加され高くなってしまいました。

2.平凡なキッチンが嫌

統一感があるのはよいことだと思うのですが,備え付けのカップボードは,どこかの家で見たことがあるようなものばかり。

収納するという用途のカップボードにそこまで高いお金を払うのはどうなのか?と思ったのです。

インテリアショップの家具の方が備え付けに比べて安いしデザインも選べるしオリジナリティがだせるのでは?と思いました。

3.そんなに収納するものがない

カップボードに収納するものは,食器類と食材のストック,日用品のストック…

そのくらいしか思いつかなかったので,大容量の収納スペースはいらないと思いました。

4.多様な使い方がしたい

キッチン関係のもので,収納するものがあまりないので,もっと別の活用の仕方をしてもよいと思いました。

キッチンの隣が,将来子供が勉強するスペースとして机になっています。

机の近くには,いずれ子供の勉強道具など収納してもいいかなと考えました。

(現在は夫が会社にもっていくコーヒーやレトルト食品などをストックするために使っています。)

我が家が購入したカップボードはどんな?

上記の理由から,備え付けをやめて,好みのものを探したわたしたち。

週末はたくさんのインテリアショップを巡りました。

 

そんな私たち夫婦のハートに刺さったのは,unicoのWYTHE(ワイス)シリーズの家具でした。

f:id:mygreenhome:20170525111059j:plain

同じものを3つ並べて使っています。

 

吊戸棚がない背の低いタイプを選んだのもこだわりのひとつ。

背の高い家具は圧迫感を感じるのでつかいたくありませんでした。

本来吊戸棚くる位置には窓をつけてもらいました。

東側のこの窓から朝は柔らかい光が差し込んできます。

 

本当はすべて扉付きにしたかったのですが,ワイスシリーズはカスタマイズができないとのことで断念しました。

でも,扉の色味や天板が黒,というところがとてもかわいくて気に入っています。

 

ちなみにこのワイスシリーズはアメリカのカフェスタイルをイメージしたものらしいです。

おわりに

人によっては備え付けの方がいいという人も多くいるでしょう。

私たちはサイズやお互いの好み,床や壁と合うかどうかなど色々考えながら,多くのインテリアショップに足を運びました。

(妊娠中だったので)大変でしたが,とても楽しかったです。
良い運動にもなりました(笑)

おかげでお気に入りのカップボードに出会えました。

毎日キッチンに立つのが楽しいです。

 

注文住宅のカップボードは備え付けもいいですが,備え付けにしないという選択肢もあるんだということを知ってもらえたらと思い記事を書きました。

 

ABOUT ME
はっぴ
2人の子持ちミニマリスト主婦。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。
頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』