片づけ・整理収納術

思い出写真を「1イベント1枚ルール」で整理したら半分以下になった

写真の断捨離

私は今まで撮った写真を何も気にせず現像してきたので,とにかく膨大な量がありました。

子どもの写真と違って,過去の自分の写真は見返すことがありません。

というか恥ずかしくて自分でも見たくないし見られたくない!(笑)

ということで過去の写真を思い切って手放すことにしました。

この記事は,私がこれだけ捨てましたよ!!というのを記録した記事なので,捨てるモチベーションを上げたい方は読んでみてください^^


これだけの写真を現像するのにいったいいくらかかったんだろう?

f:id:mygreenhome:20170517091548j:plain

元々は無印のアルバムに入れていたのですが,子供の写真を入れるためにすべて出し,ジップロック管理に格下げされた私の思い出写真が大量にありました。

これだけ現像するのにいくらかけたのでしょう(笑)

想像するだけでゾッとしますね~~

もはやジップロックに入れてる時点で見返す気はほぼゼロなんです(笑)

さあ,この大量の写真を全部ゴミ箱へ!!

…は,さすがにできなかったので,ルールを決めて手放すことにしました。

残す写真は1イベント1枚のルールで厳選しました

思い出の写真の捨て方・手放し方右側が残したい写真です。半分以下!

 

1イベントというのは旅行に行ったときの写真ならその中で一枚だけベストショットを選ぶ,ということです。

このルールの通り写真を厳選していったら,元の写真の半分以下に減りました。

捨てるときはやっぱり心が痛みましたが,,今はスッキリした気持ちです!

写真を現像するときは本当に厳選するようになりました

ミカ
ミカ
現像する写真はマジで厳選しよう

大量の写真を捨てたことでそんなふうに思えるようになりました。

失敗はいい教訓になりますね。

この時以来,写真を現像する機会がグッと少なくなりました。

毎月一度,写真のバックアップをとるようにしているんですが,その時に「現像したい写真」をフォルダにまとめて,送料無料の枚数がたまったら現像するようにしてます。

【参考】大量の子どもの写真データを整理するやり方|Googleフォト・Famm・ハードディスクで安心の3重バックアップ

印刷は1枚6円で印刷できる【Tプリント】(元しまうまプリント)を愛用していて,年賀状を作るときもここを使ってます。

【参考】年賀状の収納はEvernote(エバーノート)でデータ管理|子持ちミニマリストの整理術

おわりに|写真は半分減ったけど思い出は減ってない

写真を捨てる時はたしかに心が痛みましたが,自分の心の中にある思い出はなくなりませんよね。

過去の「モノ」に暮らしを圧迫されないよう,一番大切な今の暮らしがより良くなるように,持ち物や暮らし方を見直していきたいと思っています。

◆思い出を整理したい人はこちら⇒思い出を整理しよう|後悔しない残し方と捨て方【ステップ14】

簡単に片付く部屋にするための整理収納術【記事一覧ページ】

ABOUT ME
ミカ
6歳と3歳を育児中の専業主婦。モノを減らして家事を効率化しまくったら,お金・時間・こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに「家を整えて自分の時間を作ること」をおすすめしたい。そのためにできることを提案しているブログです。
まずは「買い物時間」から家事の負担を減らしていこう

育児中大変な家事のひとつが「買い物」ですが,できるだけ自宅で済ませることができれば,ママの負担は激減します^^

6年で4つの宅配サービスを利用してきた私が現在使っているのが「パルシステム」です。食材の安全性・味・使い勝手・値段を総合して一番好きだと思いました^^

↓詳しく知りたい人はこの記事を読んでみてくださいね【特典あり】↓
パルシステム「タベソダ」を使った感想