整理収納・断捨離

思い出写真の断捨離。現像するのは1イベント1枚に厳選しよう

写真の断捨離

今まで気に入った写真は次から次へと現像し,無印のアルバムへざっくり収納していました。

たまに現像した写真を見返すことがありますが,見返す写真は子供の写真ばかり。
過去の自分の思い出写真はだんだん見返すことが少なくなりました。

 

これは,断捨離のいいきっかけだ!と思った私は,過去の思い出写真の断捨離を決意!

思い出のモノを手放すのは大変だし時間がかかるので,こういうきっかけを大切にしていかないといけません。

 

今回は私の写真の断捨離について書いていきたいと思います。


過去の思い出写真がこんなにいっぱい

昔の写真は見返すと懐かしいし,昔の思い出に浸るのも楽しいものです。
でもそんなにたくさん必要でしょうか。

私はあらゆる写真をとってあり,多すぎたので,結婚前の思い出写真は思い切ってほとんどを断捨離することにしました。

 

見返すことはほぼ無い大量の写真がこちら!

f:id:mygreenhome:20170517091548j:plain

元々は無印のアルバムに入れていたのですが,子供の写真を入れるためにすべて出し,ジップロック管理に格下げされた過去の私の思い出たち。

なんて扱いが雑なんでしょう…

まとめてみると結構量がありました。

思い出はスペースを決めて管理する

今回断捨離をしようと思ったのは,自分の過去の思い出を見返すことが減ったことですが,もうひとつ理由があります。

それは,私個人の捨てられない思い出を保管している「思い出BOX」がいっぱいになってしまったからです。

思い出はBOXに入る量だけを管理すると決めているのですが,写真がかなり幅をとっていたので,一度見直すことにしました。

 

【参考】年賀状も思い出ボックスに入れて管理しています。
>>ミニマリストの年賀状収納と保管のマイルール,こだわりポイント

【参考】後日,年賀状はデータ化しました。
>>Evernoteで年賀状のデータ化を始めてみました

1イベント1枚と決めて写真を厳選

f:id:mygreenhome:20170517091636j:plain

残したい写真と,もう処分してもいい写真を仕分けしたところ,だいぶ減りました。
似たような写真が結構多かったです。

1イベント1枚として思い出を厳選してみました。

捨てるときはちょっと心が痛みましたが,これを書いている今はすっきりした気分です。

過去の自分より子供との思い出が大事になった

過去の自分の思い出を見返す時間はほとんどなくなりました。

それは子供が生まれて,自分の大切なものの優先順位が変わったからです。

 

独身の頃は自分と周りの友達が大切でしたが,結婚して子供を産んでからは家族が一番大切になり,優先順位がググッとあがったんです。

 

自分個人の思い出よりも家族の思い出をより大切にしたい。
より良い状態で管理したいという気持ちから,家族の写真はアルバムへ。
自分個人の写真は思い出ボックスへと移動することにしました

おわりに

なにごとも優先順位というものがあって,年をとるにつれて大事なものは変わっていきます。

写真を捨て,思い出を厳選したからといって自分の頭の中にある記憶と思い出はなくなりません。

過去を大切にしながらも,一番大切な今の暮らしがより良くなるように,自分の持ち物や暮らし方を見直していきたいですね。

ABOUT ME
ミカ
4歳と1歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らすと暮らしが快適になるということを実体験から学ぶ。子育てママにミニマリズムという生き方と考え方を伝えたい。子どもがいてもできるラクな暮らし方を提案します。