ミカの日記・レビュー

寝る前たったこれだけで幸せ度が急増

寝る前、子供たちに「大好き」と言う。

たったこれだけで、幸せな気持ちになれました。

最近イライラしながら寝る日々が続いていた

最近ちょっと寝る時間が遅れがちでした。

20時には布団に入りたいのに、なんだかんだ遅くなって時計を見てはイライラ。

「早く寝てよ。。やりたいことがいっぱいあるんだよ…」


寝る前そんなふうに思ってしまってました。

子どもたちはまだママと一緒に寝たいらしく、寝かしつけの毎日。

イライラしながら

「おやすみ!もうっ!はぁ…(ためいき)」

と言って寝ていました。

このままじゃダメだなと思った

負の連鎖が続いているような感じで、毎日子どもたちはケンカばかり。

なーんか、このままじゃだめだよなぁ。

と思いました。

それで、少し前までやっていたのに、いつのまにかやらなくなってしまった「寝る前の大好き」を復活させてみることに。

ただ単純に「大好きだよ」と言うだけなんですが

これがとてもよかった。

「寝る前の大好き」で子供と私の心が安定した

「ママね、○くんのこと大好きなんだよ~」

と言ったときのむすこの嬉しそうな顔。

忘れられませんね。

久しぶりに、自分に向けられるえがおを見たような気がしました。

「ねぇママ、○ちゃんは?○ちゃんは?」

とむすめも聞いてきました。

「○ちゃんのことも大好き!!」

むすめも、すごーく嬉しそうな顔をして抱きついてきました。

あらためて、このやりとりの尊さを感じましたね。

だんだん心のトゲトゲがなくなっていくような気がしました。

私も、子供たちも。

寝る前の大好きは続けていく!

それからできるだけ毎日「寝る前の大好き」を続けてみたら

むすこが

「○くんは、ママにずーっと生きててほしいな」

なんて言ってくれたんです。

自分にまっすぐに向けられる純粋な気持ちに触れて、心があったかーくなりました。

子どもたちのケンカがなくなることはないし、イライラもしてしまうけど

寝る前に大好きって言うだけで、こんなにも幸せな気持ちになれる。

それを思い出せてほんとによかった。

2022.1.10

寝かしつけ・公園遊びの間は私の読書タイム

公園遊びや寝かしつけのとき、親って手もち無沙汰になることありません?笑

正直暇だけど目は離せないから本も読めないしスマホも見れない。

さすがにこれが毎日続くと辛くって、イライラしちゃいますよね~~

私は「ワイヤレスイヤホン×Amazonオーディブル」で子供を見守りながら
本を読む(聴く)ようになりました。

子育て本を聴いて勉強してるんだと思えば罪悪感も少ないです(笑)

 

\私にはこれ、必要経費だった!/