midorino
ミカの日記

「その程度」と思わず、できたら褒めよう

恥ずかしくて挨拶ができない5歳むすめ

うちのむすめは、「おはよう」「ありがとう」「ごめんね」などが言えない時があります。

言えない理由は

恥ずかしいから

だそうです。

大人にしてみれば、挨拶するのなんて当たり前。

できて当然。と思うかも。

でもほら、恥ずかしがってママの後ろに隠れちゃう子、いますよね。

うちのむすめ(5歳)もそんな感じです。

「たったひとことなのになんでそれが言えないの!?」

なんてモヤモヤしてしまったことがありましたが、実は私も人に何かを伝えるのが苦手だったりします。

たとえば美容院。

ほんのちょっとしたことを言うのが苦手です。

  • 雑誌を変えてほしい
  • 手持ちの本を読みたい
  • お手洗いにいきたい
  • もう少し前髪を切ってほしい
  • 顔がかゆい

たぶん、なんのためらいもなく言える人は

「そのくらい言えばいいじゃん」

と思うでしょう。

でも私は今まで、要望を伝えることが本当にできなくて。

タイミングをのがしたり、言葉に詰まってしまうことがよくありました。

で、結局は

我慢すればいいか。

となります。

でも、年を重ねてようやく少しずつですが

そのときの気持ちや要望を伝えられるようになってきました。

正直、こんなこともできない自分を公表するのなんてはずかしい。

と思っていましたが、

今年はポジティブ変換。

できるようになってよかったじゃん。
小さいストレスを手放せた!

できる人にしてみればたいしたことじゃないだろうし、そんなことできて当然と思うかもしれない。

でも!私はできるようになってよかった!

そんな自分を褒めてみました。

と同時に、恥ずかしくて挨拶がうまくできないむすめも、私と同じだと思いました。

みんなが当たり前にできることでも、むすめにとっては当たり前じゃなくて、すごく勇気がいることなのかもしれません。

「なんでたったヒトコトが言えないの!?」

なんて怒らず、見守る姿勢でいきたいなと思いました。

「おはよう」も「ありがとう」も「ごめんね」も私が一緒に言ってあげればいいのかもしれません。

できるようになれば自信に繋がるだろうしね。

「その程度」と思わず、できたら褒めよう。

自分のことも、子どものことも。

2022.1.9

Amazonオーディブルが月1冊⇒読み放題になったよ

今まで割高だと言われていたAmazonオーディブル。定額で月一冊しか読めなかったのに、12万冊以上の本が読み放題(聴き放題)になりました♪

本当は本を読みたいけど、読む時間を確保するのってなかなかむずかしいですよね。

「本を聴く」って意外とよくて、夜寝る前に目をつむっていても聞けるんですよ♪

本を読むと眠くなっちゃう人にもおすすめしたいです。

\無料で30日間お試しできます/