簡単に片づく部屋にしたい

文房具を例にして整理収納の基本のステップを解説します!

自己流で部屋を片付けてもいまいちうまくいかなかったのは,正しい整理のやり方を知らなかったからでした。

この記事では,整理収納アドバイザー2級の講義を受けて学んだ,正しい整理収納のやり方をご紹介します。


そもそも整理とは

「整理」の正しい意味はご存知でしょうか?

整理とは

 乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすること。「資料を整理する」「気持ちの整理がつく」「交通整理」
 無駄なもの、不要なものを処分すること。「人員を整理する」

参考:コトバンク

モノを整えるだけでなく,不要なモノを手放すことも「整理」という意味なんです。

整理収納のやり方

整理収納の基本の手順は4ステップです。

整理収納の基本ステップ
  1. 整理する場所を決める
  2. 全部出す
  3. 選別する
  4. 収納する

よくある間違いが,最初に収納を考えてしまうことです。正しいやり方は,今あるものを全部出して見直し,必要なモノだけにしてから収納を考えます。

文房具を例に「整理収納」を実践

テキストで学んだ知識を使って実際に自分の家の文房具を整理収納してみました。

1:整理する場所を決める

整理前の文房具整理前のごちゃごちゃな文房具

 

まずは整理する場所を決めます。

「キッチン」「リビング」というように整理する範囲が広すぎると,モノを出すだけで時間がかかってしまうので,「引き出しひとつ」「文房具」「本」など,小さい範囲から始めるようにしてください。

今まで整理してこなかった場所に手をつけると,絶対にこうなります。

ミカ
ミカ
こんなに汚れてたんだ!掃除もしなきゃ! 

 

整理だけではなく掃除もプラスされると,思っている以上に時間がかかってしまうんです。

そのため,欲張りすぎず決めた範囲を確実に整理していくようにしましょう。

2:モノを全部出す

文房具を全部出したところ文房具を全部出すと同じペンが何本も。

 

まずは,収納ケースに入っているモノをすべて出します。

こんなにたまってしまったのは,このような原因が考えられます。

  • 急に必要になり買い足した
  • ショッピングモールで無料でもらった
  • 家にあるのを忘れて買ってしまった
  • なくしたと思ったペンが見つかった
  • とりあえずとっておいた

あなたも心当たりはありませんか?

 

3:いるいらないの選別をする

f:id:mygreenhome:20170502133404j:plain

ここで文房具を選別していきます。

  • よく使うもの
  • 頻度は高くないけど使うもの←迷うトコ
  • ほとんど使わないもの←迷うトコ
  • 捨てるもの

残すのは,「よく使うもの」です。

迷うのが,「頻度は高くないけど使うもの」と「ほとんど使わないもの」ですね。

私は,「よく使うもの」と「頻度は高くないけどつかうもの」を残し
「ほとんど使わないもの」と「捨てるもの」を手放しました。

 

うちの文房具は最終的に

  • 夫とむすこの勉強セット(青いペンケース)
  • 捨てるもの(右上)
  • 使うもの(右下)

 

と,分けました。

4:収納する

文房具の収納

我が家の文房具の適量はこのようになりました。(2017年5月)

「いる」「いらない」の選別がおわったら,ここで初めて収納します。

整理収納がうまくできない人は,収納からやっている可能性があります。

モノを減らさず,収納グッズだけ新しくしてもスッキリはしません。

ミカ
ミカ
収納グッズはドラえもんのポケットじゃないからね!

もったいなくて捨てられないという考え

まだ使えるペンを捨てるときは,もったいないなぁと思ってしまいますよね。

でも,ここでよく考えてください。

ペンって1本を使い切るのだって結構かかりますよね。
大量のペンを一生かけて使い切るつもりでしょうか。
50年後もいまここにあるペンを使うのでしょうか。

ずっとそばに置いておくなら,お気に入りの1本だけで十分。
その一本を大切にするべきです。

ミカ
ミカ
万が一なくなっても今はどこでもすぐ買えるしねえ。

簡単に買い足したり,必要ないのにおまけをもらったり…そういうちょっとした行動を見直して,もったいないと思う機会を減らしていくことが大事なんだと思います。

モノを減らすコツは「必要なものを選ぶ」こと

モノが多い人は,2番の「全部出す」に疑問を感じるでしょう。

モノが多いから全部出すのは大変なんですよね。

ミカ
ミカ
私も最初面倒に感じました 

 

わざわざ全部出す必要ってあるの?と思うかもしれませんが,あるんですよ~。

収納してあるものを全部出すと全部のモノと,しっかり向き合えますよね。

全部出さないでモノを捨てようとすると,パッと見て不要なものだけを捨てようとしますよね。

不要なものを選んでいては,いつまでたってもモノは減りません。

モノを減らすコツは,不要なものを選ぶのではなく,必要なものを選んで残すのです。

不要なものではなく必要なものを選ぶ図解こちらの図解をご覧ください。

「捨てるものより,必要なものを選ぶほうがモノは減らせる」図解Instagramで人気のhalさんによる図解

 

不要なものを選ぶだけではモノは減りません。
必要なものを選ぶことでモノを減らすことができるのです。

まとめ

整理収納の基本の手順をまとめます。

整理収納の基本
  1. 整理する場所を決める
  2. 全部出す
  3. 選別する
  4. 収納する

この基本をおさえておけば,どのスペースでも整理できます。

モノが少なければ収納は難しくありません。技術や収納グッズも必要ありません。

整理収納がうまくいかないのは,収納に対してモノが多すぎるか,順番が間違っているのです。

モノを捨てるのはもったいないという気持ちは,どうしても出てきます。

でも,本当にもったいないのは,一度も使われないことではないでしょうか?
手元に置いておくのは「使うモノ」だけ。
使わずに置いておくなら,それはスペースがもったいないです。

 

基本的な整理収納のやり方を覚えたら,たくさん練習してくださいね。

この記事を書いた1年後(2018年7月)の文房具収納はこちら。
2018年7月の文房具収納

結局ペンは合計5本まで減りました。
これはリビングの引き出しのひとつですが,スッキリをキープできています。

 

整理はやればやるほど上手くなるので,この基本のやり方で「捨てる練習」をしてみてくださいね!

整理収納の記事一覧はこちら

簡単に片付く部屋にするための整理収納術【記事一覧ページ】

スッキリ講座の実践に戻る方はこちら⇒捨てられないのは練習不足。捨てる判断力を磨いて捨てられるようになろう!【ステップ3】

ABOUT ME
ミカ
5歳と2歳を育児中のゆるミニマリスト。モノを減らし,家事を効率化しまくったらお金と時間の無駄が減り,こころに余裕ができました。子どもについイライラしてしまうママたちに自分の時間を作るためにできることを提案します。
ミドリノの新着情報はLINE@から

【ミドリノ】の更新情報を
お知らせするLINE@をはじめました。

ミドリノの新着記事を
いち早くチェックできるので
よかったら登録してくださいね!

⇒LINE@でミドリノの情報をチェックする