収納のやり方・実例

    文房具を例にして整理収納の基本のステップを解説します!

    自己流で部屋を片付けてもいまいちうまくいかなかったのは,正しい整理のやり方を知らなかったから。

    整理収納アドバイザー2級の講義で学んだ,正しい整理収納のやり方をこの記事で紹介します!


    整理の正しい意味

    整理とは、本当に必要なものを選び、その他の不要なものを処分すること。

    きれいに見えるように整えるのは「整頓」

    いるものといらないものを分けて、いるものだけを選ぶことを「整理」っていうんだよ。

    「整理=捨てること」という考え方もできるけど、本当は必要なものを選ぶことなんだって。

    ※詳しくはこれを読んでみてね⇒整理はモノを減らすことじゃない

    整理収納の基本の手順

    整理収納の基本の手順は4ステップ

    1. 整理する場所を決める
    2. 全部出す
    3. 選別する
    4. 収納する

    最初に収納を考えるのは失敗のもと!

    今あるものを全部出して見直し,必要なモノだけにしてから収納を考えるのが正しい手順だよ!

    間違えやすいから気をつけよう。

    文房具を整理収納してみた

    整理収納アドバイザーのテキストのとおりに、文房具を整理収納してみたよ。

    1:整理する場所を決める

    整理前の文房具
    整理前のごちゃごちゃな文房具

    整理する範囲は「引き出しひとつ」「文房具」「本」とか小さい範囲から始めるよ。

    「キッチン」「リビング」というように広すぎると大変だからね。

    整理を始めると絶対に掃除もしたくなるから、思った以上に時間がかかるよ~~

    やる気まんまんでも、とりああえず小さいところからスタートしよう!

    2:モノを全部出す

    文房具を全部出したところ
    文房具を全部出すと同じペンが何本も。

    収納ケースに入っている文房具を全部出すよ。

    こんなに増えてしまった原因はきっとこんな感じ。

    • 急に必要になって買い足した
    • ショッピングモールでもらった(無料)
    • 家にあるのを忘れて買ってしまった
    • なくしたと思ったペンが見つかった
    • とりあえずとっておいた

    3:選別をする

    f:id:mygreenhome:20170502133404j:plain
    (左上)むすこの勉強セット (右上)捨てる (下)残す

    使う頻度で4つにわけるよ!(テキストに書いてあった基本の分け方)

    1. よく使う(ほぼ毎日)
    2. 頻度は高くないけど使う(週1~月1回)←迷うトコ
    3. ほとんど使わない(年1~2回)←迷うトコ
    4. 使わない・壊れてる

    1番の「よく使う」ものは迷わず残すよね。

    4番の「使わない」ものは手放すよね。

    問題は2番と3番。

    この2つをどうするかは自分で決めるしかないんだよね。

    私は今回1番と2番を残して、3番と4番を手放したよ!

    なかなか捨てられないって人は練習すれば、少しずつ捨てられるようになっていくよ

    練習方法⇒一週間で8割捨てる技術を実践してみた

    4:収納する

    文房具の収納

    整理した文房具を収納したよ(2017年5月)

    ここまでやって、ようやく収納方法を考えるよ。

    自分がいちばん使いやすい方法をいろいろ試してみてね。

    まとめ

    この記事を書いた1年後(2018年7月)の文房具収納はこちら。
    2018年7月の文房具収納

    結局ペンは合計5本まで減ったよ!

    整理はやればやるほど上手くなるのは本当だったよ!

    スッキリ講座の実践に戻る方はこちら⇒捨てられないのは練習不足。捨てる判断力を磨いて捨てられるようになろう!【ステップ3】

    ABOUT ME
    ミカ
    夢は「いつも笑顔のお母さん」 なのに心に余裕がなくていつもイライラしていた私を変えてくれたのが「片付け」だった。 数年かけてモノだらけの部屋を脱出。現在は理想の育児ができなくて悩むママたちにSNSやブログで「家を整えることの大切さ」を広めている。 4歳と7歳を育てる元幼稚園教諭